2017年8月22日 (火)

シャルル・デュトワ 5

シャルル・デュトワ指揮モントリオール交響楽団で
ファリャのバレエ音楽「三角帽子」「恋は魔術師」
ユゲット・トゥランジョーのメゾ・ソプラノ(恋は魔術師)で
1981年7月9-17日にモントリオールで収録されている。
スペイン情緒、香り立つような雰囲気に実に気分がよくて、
デュトワのセンスのよさには、惚れ込んでしまうのだが、
その演奏はこの上なく精妙であり、音色の冴えは圧倒的。
緻密に徹底して厳しく音楽を突き詰めていそうでありながら、
その仕上がりは豊かで、いきいきとリズムが躍動している。
なんて素晴らしいのだろう。これはもう楽しくて仕方がない。
ファリャの音楽の色彩、その情景が描き出す強い生命力は、
ドビュッシーやラヴェルなどにも大きな影響を与えている。

DECCA 478 9466

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

アリシア・デ・ラローチャ 5

アリシア・デ・ラローチャでアルベニスの「イベリア」、
昨日に続き、第4集「マラガ」「へレス」「エリターニャ」
ナバーラ、スペインの歌で「前奏曲」「オリエンタル」
「やしの木陰」「コルドバ」「セギディーリャ」の5曲である。
1973年1月にロンドンのキングズウェイ・ホールで収録。
「マラガ」は、マラゲーニャを生んだ地中海に面する港町、
「へレス」は、フラメンコで有名なスペイン南部の町、
「エリターニャ」は、セビーリャ城門にあるオーベルジュ、
地名や施設の名前が付けられていると説明にはある。
この「イベリア」は、アムランも挑む超絶技巧の作品で
難曲として知られているが、情緒あふれる独特の風景、
親しみの空気でそうした難解さを感じさせない。これは、
演奏者にとっては何とも損なことのようにも思えるけれど、
実に魅力的な曲集である。そして続く「ナバーラ」だが、
この曲は「イベリア」とセットになることが多いのだけど、
ピレネーの西に位置する同じく地名らしい。アルベニスは
完成させることができずにこの世を去って、セヴラックが
補筆完成させている。ルービンシュタインもアンコールで
よく演奏していたか、録音が残っていて聞いたことがある。

CDR916/917

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日)

アリシア・デ・ラローチャ 4

アリシア・デ・ラローチャでアルベニスの「イベリア」、
第1集「エボカシオン」「港」「セビーリャの聖体祭」
第2集「ロンデーニャ」「アルメリア」「トリアーナ」
第3集「アルバイシン」「ポーロ」「ラバピエス」
1973年1月にロンドンのキングズウェイ・ホールで収録。
続きは明日で、各曲の題名を改めて整理してみたが、
スペイン語は全く想像もつかない。エボカシオンは有名で
「喚起」というのをよく見かけるけれど、スペインのリズム、
舞曲で作曲されているので、そういった題名かと思ったら
主に地名、地方の名前を意味しているらしい。その中で
「ポーロ」というのは、アンダルシアの舞曲の名前であり、
トリアーナはセビーリャの一画、アルバイシンはグラナダ、
ラバピエスはマドリッドとそれぞれ地区の名前であるという。
音楽はその地の舞曲やフラメンコに触発されたリズムで
作曲されている。どこかスペインを旅している気分である。
こういうふうに調べてみるのもアルベニスの「イベリア」は
傑作として有名だが、きちんと聞いたことがなかったので
ここでよく勉強して、聞き込んで覚えてしまう。という機会。

CDR916/917

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

アルバン・ベルク四重奏団 32

アルバン・ベルク四重奏団の1970年代の録音を
収録順に聞いている。今日はシューベルトの作品で
弦楽四重奏曲 第13番 イ短調 D.804「ロザムンデ」
弦楽四重奏曲 第9番 ト短調 D.173の2曲である。
1974年10月にウィーンのテルデック・スタジオで収録。
いかにも若々しい演奏で新鮮な感覚で表現する繊細で
瑞々しい音楽が素晴らしい。スッキリとした音作りは、
辛口な表情を生み出し、新しい方向性を示しているが、
音色は明るく、血の通った温度感には親しみも覚える。
直線的な表現で後の演奏にある踏み込んだ深まりは
あまり感じられないが、この時代はこれがいいのだ!

Warner 2564 69606-7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

マルク・アンドレ・アムラン 9

マルク・アンドレ・アムランでシマノフスキのマズルカ集
20のマズルカ 作品50、ロマンティックなワルツ、
4つのポーランド舞曲、2つのマズルカ 作品62
2002年8月28,29日にヘンリー・ウッド・ホールで収録。
シマノフスキのマズルカもルービンシュタインが好んで、
そこでは抜粋の演奏しか聞いたことがなかったのだが、
十数年前になるけれど、アムランの全曲演奏が出て、
ついにその全貌がわかると喜んで買ってきたのである。
久々に出してみたが、やはり素晴らしい。夏の夜にいい。
アムランの演奏って、いつも神業的な鮮やかさであり、
作品と格闘しているような熱気が聞こえないのだけど、
しかしそれは知れば知るほどに精妙なコントロールで、
アムランでなければ描けない世界だ。今回も究極的!

hyperion CDA67399

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

レナード・スラットキン 1

レナード・スラットキンの指揮でホルストの「惑星」を聞いている。
演奏はフィルハーモニア管弦楽団とニュー・ロンドン少年合唱団
1996年4月にウォルサムストウ・アセンブリー・ホールで収録。
この夏は、フィルハーモニア管弦楽団の「惑星」を聞いているが、
1994年のガーディナー盤に続いて、わずか二年後の録音で
この続いているのは不思議な感じ。発売の時期はずれたかも。
昔は業界のルールで5年ずらすというのがいわれていたが、
それはいいとして、スラットキンは聞かせ上手の「惑星」であり、
角張ったところはどこにもなくて、バランス感覚に優れた演奏。
無理なく快適な音が鳴り出し、まさに理想の響きではないかと。
親しみやすさが先行しているので、英国の指揮者が引き出す、
自国の作曲家への敬意や作品への誇りとは少し違うかも。
最後の「海王星」で女声コーラスでなく、少年合唱団なのは、
はじめて聞いたが、あまり違いはなく、つい聞き流してしまう。

CDR915

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

ミヒャエル・ギーレン 21

ミヒャエル・ギーレン・エディション(第4集)から
南西ドイツ放送交響楽団の演奏によるワーグナーで
楽劇「トリスタンとイゾルデ」から前奏曲と愛の死
1989年9月1日にハンス・ロスバウト・スタジオで収録。
長い時間の中で重なり引きつがれていく音の連なりを
ギーレンは明瞭に整理して、スッキリとクリアな進行は
独特な空間を生み出しているが、巨大になり過ぎずに
しかし深まりと雄大さを感じさせるのは、見事である。
特に後半の愛の死に向かって、解放されていく音響は
聞いている人を陶酔させて、ひたすら感動的である。
この第4集では、1990年の「マイスタージンガー」、
1992年の「ローエングリン」とそれぞれ前奏曲が、
収録されているが、他の録音って、ないのだろうか。
「パルジファル」などはありそうな気がするのだけど。

SWR>>music CD-No.SWR19028CD

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

バイエルン放送交響楽団

マリス・ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団で
シベリウスの交響曲 第1番 ホ短調(2004.4.22,23)
ブリテンの青少年のための管弦楽入門(2003.10.22-24)
ウェーベルンの牧歌「夏風の中で」(2004.6.23-25)
2003/2004シーズンのライブで交響曲はヘルクレスザール、
ブリテンとウェーベルンは、ミュンヘン・フィルハーモニー。
夏なので、今年も爽やかなシベリウスを聞いているが、
バイエルン放送交響楽団とのライブ録音で聞けるのは、
この第1番と2015年の第2番だ。シンフォニックな響きで
集中力の漲った力強い展開に大興奮だが、明るい音色で
冷たい感触のシベリウスではなく、美しい仕上がりを堪能。
でもどうだろうか、かなり気合いが入って積極的な表現で
今日のヤンソンスの方が、より自然な音作りかも?という
そんな気もしてくる。この積極性も大いに魅力ではある。
夏の空気がさらに気持ちのいい「夏風の中で」も最高だ!

SONY SK93538

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

ベルナルト・ハイティンク 25

ベルナルト・ハイティンク指揮ロンドンフィルによる
ヴォーン・ウィリアムズの交響曲を収録順に聞いていく。
南極交響曲(交響曲 第7番)からのスタートであり、
1984年11月28,29日にアビー・ロード・スタジオで収録。
映画のための音楽を交響曲としてまとめられた作品だが、
標題音楽というか、映像的効果はやはり魅力なのであり、
細部にまでリアルな感触で、生々しい響きは感動的だ。
録音はあまりよくない印象ではあるのだけど、この明瞭で
実に冴えた表現、音楽の力強さがこちらに語りかけてきて、
あまりにも素晴らしいのである。南極交響曲は大好きだ。
といってもそれほど聞いているわけではないのだけれど、
この南極の冷たさ、厳しさ、夏に聞くのにぴったりである。
未知なるものへの憧れ、神秘性が見事に表現されている。

WARNER 9 84759 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

横浜の風景から 518

夏の暑いうちは、歩くのは控えているのだが、
さすがにここしばらくの運動不足が気になって、
久しぶりに晴の予報の日曜日で出掛けてきた。

20170813a

いつもと変わらぬ境川の周辺を歩いているが、
ゆめが丘の駅から泉区下飯田町の左馬神社へ。

20170813b1

渡戸橋近くの水田の風景。

20170813b2

渡戸橋にて境川の下流方向を見る。

20170813c1

20170813c2

20170813c3

今田の境川遊水地だが、この頃の雨の多さで
水位が上がっているような気がするのだけど。

20170813d1

20170813d2

20170813d3

境川遊水地公園と天王森泉公園の間にある水田。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«セシル・リカド 1