2017年4月24日 (月)

リッカルド・ムーティ 15

リッカルド・ムーティ指揮フィラデルフィア管弦楽団で
ベートーヴェンの交響曲全集を収録順に聞いている。
交響曲 第2番 ニ長調 作品36と第8番 ヘ長調 作品93
1986年1月10-21日にフィラデルフィアで収録されている。
力強く音楽に切り込んでいく感じと勢いのある速いテンポで、
いかにもムーティらしい仕上がりだが、どうも重みに欠けて、
その辺はアメリカのオーケストラの特徴かもしれないけれど、
しかし細部にまで明瞭に聞こえてくるのは魅力であると思う。
その点でも流麗さの加わる第8番は、一気に惹き込まれる。
今日は第2番と第8番の2曲を聞いたが、このとき同時に
第3番「英雄」が録音されており、そちらは次回、聞きたい。

EMI 0 97946 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

圓歌師匠が亡くなられた…

昨日、23日の午後、圓歌師匠が亡くなられた。88歳。
一昨日の黒門亭で伊織さんが、歌むいだった前座時代、
何が一番楽しかったかって、大師匠の圓歌師匠のお宅に
掃除に伺うことだったって、まさに中澤家での修行風景で
お弟子さんたちの語る圓歌師匠は、毒舌のイメージと違い、
優しい方だったのである。素敵な話を聞いたばかりの翌日、
体調を崩されて、麹町六番町のご自宅から病院に運ばれ、
帰らぬ人となってしまった。戸籍上は85歳だそうであり、
それは、空襲で戸籍簿が焼け、作り直すのに届け出て、
家族が間違えてしまったそうな…「中沢家」の噺に出てくる
圓歌師匠のご両親が間違えたのか?戦中戦後の混乱で
そんなこともあった…時代を感じさせるエピソードである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

アンドレ・プレヴィン 19

アンドレ・プレヴィン指揮ロサンゼルス・フィルによる
ドヴォルザークの交響曲 第8番 ト長調 作品88、
スケルツォ・カプリチオーソ 変ニ長調 作品66、
弦楽のためのノットゥルノ ロ長調 作品40
1989年4月3日にUCLAのロイス・ホールで収録。
第8番は濃厚な表現だけど、音楽が濃厚なのではなく、
その美しい色合いと爽やかな流れを維持しつつであり、
たっぷりと歌って、この名曲の楽しさが伝わってくる。
プレヴィンのこのシリーズに共通するのは、どっしりと
低音がしっかり響いて、骨太な仕上がりともいえるか、
重厚なドヴォルザークだ。アメリカのオーケストラに
程よくドイツ的な落ち着きを持ち込んでいるのかも。

TELARC CD-80206

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

黒門亭で小せん・小里ん・小ゑん

今日の黒門亭は「小せん・小里ん・小ゑん」という
最強のメンバーで、朝早くから黒門町に行ってきた。

第1部
林家彦星:子ほめ
三遊亭伊織:狸札
柳家小せん:夜鷹の野ざらし
柳家小里ん:碁泥
柳家小ゑん:燃えよジジババ

開口一番は彦星さんで、はじめて聞いたのだけど、
まず思ったのが、言葉の感じが正雀師匠に似ている。
やっぱり師匠の雰囲気が移るのだけど、面白かったのは、
毛布にくるまった赤ん坊の顔を見ようとして、その手つきが、
仏壇の扉を開けるようで、生まれて七日目を「初七日」って、
そこに通ずるのは、なるほどって思った。すべてが縁起悪く。
続いて伊織さんで、二ツ目に昇進してから、やはりはじめて。
登場のときに暗い雰囲気が漂って、ちょっとゾッとするような
陰気な空気感が客の方にも漂ってくるのだが、噺に入ると
勢いがあって、どんどん華やいでくる感じは何か独特である。
喜多八師匠の感じを目指しているのか?「狸札」はよかった。
小せんさんが「夜鷹の野ざらし」である。聞くのは二度目だ。
八つぁんが向島で、人骨野ざらしに酒を手向けているのを
陰で伺っているのが幇間でなく、夜鷹(まるで化物)であり、
それが赤い着物で訪ねてくるので(幽霊が)出た!って、
八つぁんは夜鷹を自分の部屋に閉じ込めてしまうのだが、
慌てて、隣の先生のところに逃げてくると赤い着物の本物で
娘さんが来ていたものだから、再び出た!って、目を回して、
壁の穴を塞がなかったからだ…というオチにつながって、
幽霊が穴から隣の部屋に移動してきたと思い込む展開で
これは実に合理的であり、いいのである。小説家の原作が
存在するようで、演じているのは許可のある小せんさんだけ
かもしれないが、これはひとつの型として、ぜひ残してほしい。
「馬の骨で太鼓(幇間)」のオチより説得力があるぐらいだ。
仲入り後は小里ん師匠で、「凝っては思案に能わず…」で
縁台将棋のマクラに入り、これは「笠碁」だな…って、まさに
思い込みなのだが、しかし噺に入ると「碁泥」の方であり、
予想が外れたことから新鮮な印象、その楽しかったこと。
碁に夢中になりながら煙草に火を点け、吸おうとする仕草が
入るのだが、その辺の小里ん師匠の所作は本当に見事で
そこに泥棒が加わり、ますます碁に夢中になってしまうところ
よかったのである。時間的には短い噺だけど、感動がある。
第1部のトリは、小ゑん師匠である。「燃えよジジババ」が、
圓丈師匠の作品であることは、何となく知っていたのだが、
聞くのは今日がはじめてだ。映画の「燃えよドラゴン」から
発想は来ているのだろうけど、まさに本当に「燃やす」で
火葬場が舞台の噺だなんて驚きであった。(小ゑん版)で
いろいろ改作されているのだろうけど、この驚きの展開は、
圓丈師匠らしい。そこに小ゑん師匠のマニアック・ネタが
入ってくるのだから、強烈な面白さでそれは無敵であった。
新作なので細かい内容は書かないけれど、会場は爆笑。
親族の内でも一際光る「バカ」というのが、キャラが最高!

20170422

落語はこの辺にして、品川から京急で神奈川新町まで来て、
九州ラーメン「たまがった」で遅い昼食。九州のとんこつが、
たまに無性に食べたくなる。もちろん麺の硬さはバリカタ。
横浜高島屋で北海道展をやっていて、大混雑だったけど
六花亭だけ寄って、マルセイのバターサンドを買ってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

ベルナルト・ハイティンク 20

ベルナルト・ハイティンクの指揮によるショスタコーヴィチで
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団との交響曲第13番。
1984年10月にアムステルダム・コンセルトヘボウで収録。
何年もかかってしまったが、この交響曲全集を収録順に
少しずつ聞いてきて、今回の第13番「バビ・ヤール」にて
ついに完結である。問題作とされているけれど、それは、
バスと男性合唱で歌われるエフゲニー・エフトゥシェンコの
歌詞が、ナチスのユダヤ人虐殺を扱っており、ソ連もまた
人種迫害を行っていることを示唆して、当局から改訂を
求められ、様々な妨害工作を受けながら初演したという
そういう作品なのである。音楽が政治的な圧力に耐えて
成立していた時代なのであり、冷戦崩壊後の今となっては、
人気のある作品となっているが、その背景を踏まえて聞くと
ますます感動的である。かなり重苦しい内容ではあるが、
ハイティンクもまた外の人間なのであり、客観性を保って、
ショスタコーヴィチのスコアに冷静に緻密に向き合って、
結果として、その重厚な音楽がストレートに伝わってきて、
そこに込められた真実が、明らかにされているのである。
ショスタコーヴィチの死からの十年間で、冷戦が終わる
ソ連時代の最後の時期に西側で制作されたこの全集は、
まさに偉大な記録で、そしてハイティンクの功績である。

CDR906

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

ハンヌ・リントゥ 2

ハンヌ・リントゥ指揮フィンランド放送交響楽団による
マーラーの交響曲 第1番 ニ長調「巨人」と花の章
2014年5,12月にヘルシンキのミュージックセンターで収録。
じっくりと丁寧に描き込んでいく凝縮された表現を基本として、
一方で速いところでは、鮮やかに快速なテンポで駆け抜けて、
フィンランド放送交響楽団は極上の透明感、爽やかさであり、
これは最高である。なんて気持ちのいい「巨人」なのであろう。
くっきりと明瞭に響かせて、それが音楽に輝きを与えていく…
ハンヌ・リントゥの独特な音作りであり、今回もまた感動した。
きっと熱い指揮姿なのだろうけれど、濃厚になることはなく、
オーケストラの洗練された仕上がりが魅力であり、ギャップや
メリハリ、思い切った発想は新感覚であるようにも思われる。

ONDINE ODE1264

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月19日 (水)

ラルス・フォークト 2

ラルス・フォークトでブラームスのピアノ三重奏曲、
第2番 ハ長調 作品87と第3番 ハ短調 作品101
クリスティアン・テツラフ、ターニャ・テツラフと共演。
2014年5月27-29日にブレーメンのゼンデザール。
学生の頃、一時期、ブラームスの室内楽にはまって、
いろいろ聞いたのだが、ピアノ三重奏曲の第1番は
有名だけど、ここでの第2番と第3番は久しぶりだ。
長らく聞いていないと何とも素晴らしい音楽に感動。
ソリストながら室内楽に熱心な三人の共演であり、
気心知れたすっかり慣れているアンサンブルだけど、
ときにラルス・フォークトなど、どこか荒々しいような
力技で豪快に聞かせるような場面もあって、迫力だ。
即興性のような動きにも感じられるし、大きな起伏で
繊細さとの対比から生まれる重厚な立体感は最高。

ONDINE ODE1271-2D

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

ズービン・メータ 13

ズービン・メータ指揮イスラエルフィルによる
ブラームスの交響曲全集を聞いている。
交響曲 第2番 ニ長調 作品73と悲劇的序曲 作品81
1992年10月4-27日にマン・オーディトリウムで収録。
冒頭の僅かを聞いただけでもあまりの心地いい音色に
すっかり引き込まれてしまう。イスラエルフィルの明るく、
艶やかな響きは、ブラームスのニ長調にぴったりであり、
メータのゆったりと大きく聞かせる音楽と一体となって、
実に感動的な演奏だ。じっくりと深く歌い込まれており、
メータは本当に素晴らしい指揮者である。ということを
現在は思うのだが、この80年代から1990年の頃って、
メータは聞かなかったのだ。当時はクライバーばかり、
こういった穏やかなブラームスには惹かれなかった。
いまは心に響いて、私も歳を取ったな…って、実感。
悲劇的序曲は少し変わって、重厚な迫力が魅力的!

SONY 88875166762

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

リン・ハレル 1

ベルナルト・ハイティンクの指揮によるショスタコーヴィチで
交響曲全集を聞いてきたが、今日はチェロ協奏曲 第1番、
独奏はリン・ハレル、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団で
さらに後半は、ブロッホのヘブライ狂詩曲「シェロモ」である。
1984年4月にアムステルダム・コンセルトヘボウで収録。
チェリストはあまり詳しくないのだが、リン・ハレルが好きで、
よくいわれている人の声に近いような音色は素晴らしい。
ハイティンクの指揮が交響曲と同じく引き締まった響きで
最高である。ユダヤ音楽がここでのテーマでもあるのだが、
ブロッホの「シェロモ」が感動的だ。あまり聞いていないが、
マイスキーのCDを持っている。聞き直してみたくなった。

CDR905

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

横浜の風景から 511

気温は夏に近く、汗ばむ陽気の日曜日だったが、
午後、歩きに出掛けて、和泉川沿いに春の風景。

20170416a

泉区和泉町の和泉川沿いの農村風景。

20170416b1

20170416b2

泉区和泉町の大坪橋にて、和泉川の風景。

20170416c

相鉄いずみ野線の横に広がるキャベツ畑。

20170416d

泉区和泉町の和泉川沿いだが、
正面に見えるのは、いずみ野の街である。

20170416e

橋の架け替え中で新しく完成した新主水分橋。
和泉川の流れもまもなくこちらに変更される。

20170416f

泉区和泉町に広がるキャベツ畑。

20170416g

いずみ野駅の近くに広がるキャベツ畑。

20170416h

戻ってきて、いつもながらのお墓山。
瀬谷区阿久和南1丁目である。

20170416i

お墓山の近くにあるネギ畑だが、
育って、ネギ坊主が付いている。
収穫上は手遅れのようだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«アルバン・ベルク四重奏団 27