2018年9月19日 (水)

ダヴィッド・フレイ 3

ダヴィッド・フレイでバッハのパルティータを聞いている。
パルティータ 第2番 ハ短調 BWV826
トッカータ ハ短調 BWV911
パルティータ 第6番 ホ短調 BWV830
2012年9月24-26日にパリのノートルダム寺院で収録。
ダヴィッド・フレイのピアノは本当に素晴らしい。心に響く。
30年以上、ずっとバッハが苦手だった私が、このところ
聞くようにしていて、吸収しているが、その私が惹かれて、
気付くといつの間にかバッハが好きになっているような、
そんな魅力あふれる演奏である。非常に繊細な動きで
ロマンティックな空気を漂わせつつ、透明感を超越して、
清らかさすら感じられる独特な美しさ。実に聞かせる。
すべて短調の作品で統一されているが、荘厳な空気で
悲壮感もある深刻な時間にはならずに、冷たくなくて、
いつもどこか人の温もりが感じられるのが特長である。

ERATO 50999 070944 2 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月18日 (火)

パーヴァリ・ユンパネン 11

パーヴァリ・ユンパネンでベートーヴェンを聞いている。
ピアノ・ソナタ 第1番 ヘ短調 作品2-1
ピアノ・ソナタ 第2番 イ長調 作品2-2
ピアノ・ソナタ 第3番 ハ長調 作品2-3
2012年6月にクーモ・アートセンターで収録されている。
収録順に聞いてきたが、これらの初期のピアノ・ソナタで
全集をすべて聞き終える。パーヴァリ・ユンパネンは最高!
なんて魅力的な…軽やかな表現で、透明で実に清々しく、
音楽の構造や指の運動性が隅々まで明瞭に響いてくる。
ここまで鮮やかに何もかも聞こえるのは、とにかく快適。
すべての繰り返しを実行しているが、反復をする際には、
即興的な装飾やかなり大胆な解釈が加えられており、
それも面白く、あらゆる部分で集中力は途切れない。
ベートーヴェンの緻密で揺るぎない後期の作風とは違い、
自由と余白の部分で新たな可能性が引き出されている。

ONDINE ODE1248-2D

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

東京の風景から 90~天王洲

20180917d

新東海橋を渡り、天王洲の方面に行ってみる。

20180917e1

20180917e2

天王洲ふれあい橋から品川の運河を眺める。

20180917e3

その天王洲ふれあい橋。元は貨物線の鉄橋だろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京の風景から 89~北品川

京急の北品川駅から東海道を八ツ山橋の方へ
少し行ったところの団子が有名な桝翁軒に行って、
それが今日は休業。実は少し前も土曜か日曜で
同じく休みであり、その時は売り切れかと思ったが
閉店してしまったのか。平日は開いているのか?

20180917a

ブックカフェのKAIDOで昼食。ピザが美味しかった。
町内の神輿を飾っている尾張屋のちょうど向かい。

20180917b

同じく近所の星野金物店。歴史を感じさせる建物。

20180917c1

20180917c2

20180917c3

北品川橋にて、船宿と屋形船が停泊する風景。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月16日 (日)

今日の月は…月齢6.4

写真は撮っていないのだが、暗くなってきて、
西の空に月が見えて、ちょうど半分ぐらいで
調べると月齢6.4、明日が上弦の月であった。
これから毎日、夕方、月が丸くなっていくが、
覚えておかないといけないのが、9月24日、
今年の中秋の名月である。旧暦の8月15日。
ただし満月は翌日で9月25日の月齢15.4。
今年は中秋の名月と満月が一致しないのだが、
これまでを振り返っても意外に多いように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

チコちゃんに叱られる

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「日本人はなぜカレーが好きか?」
昭和生まれも平成生まれもカレーが好きである。
日本で食べられているのは、本場のインドと違って、
イギリスから伝わったカレーで、インドはイギリスの
植民地であったが、イギリスの船乗りたちが、
スープ状のカレーだと船上でこぼれてしまうため、
小麦粉を入れてトロミを付け、ご飯と合わせることで、
それがカレーライスのルーツとなった。日本へは
江戸時代の終わりにイギリスから伝わり、当時は
あんかけ丼が流行っていたため、日本人には
抵抗なく受け入れられた。一度に大量に出せるので、
兵隊さんに出す食事に適しており、家に戻ったときに
同じものを作らせて、カレーは広まっていった。
戦争中はスパイスが手に入らず、廃れてしまったが、
戦後の平和とともにカレーが食卓に戻ってきた。

「カスタネットの青と赤はなぜ?」
スペインのフラメンコで使われているが、日本では、
子供でも簡単にリズムが取れるようにミハルスを
改良して、カスタネットが作られた。男の子用に青、
女の子用に赤と二色用意したが、注文数が異なり、
在庫の管理が難しく、青と赤を組み合わせて、
男女兼用のカスタネットを作った。赤が下、青が上と
決めたが、どちらで叩いても鳴るようになっている。

「イライラのイラってなに?」
植物のトゲのことをいう。イラクサは、葉の裏、茎に
トゲトゲがたくさんあり、触れると不快でその感情を
イライラと表現した。現在も山口県では草花のトゲを
イラといい、鹿児島県では魚のトゲをイラという。
長崎県ではクラゲや毛虫に刺されることもイラといい、
また古くは、金平糖のトゲのこともイラといった。

「汗がしょっぱいのはなぜ?」
脳の温度を下げようと汗が出る仕組みになっている。
汗の気化熱で体の温度は下がり、血液の成分で
水分だけが汗腺から放出されるが、血しょう中の
ミネラル分が水分と一緒に出てしまうことがある。
ナトリウムと塩素であり、塩化ナトリウムになる。
血液からミネラル分が出ると熱中症になってしまい、
予防には、普段から汗をかいて、慣れることである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月14日 (金)

落語につぶやき 294~近江八景

昨日の小満んの会で聞いてきた「近江八景」だが、
近江八景が読み込まれた女からの文を読み解く。
圓生師匠の録音があって、改めて聞いてみた。

恋しき君の面影を しばしがほども見いもせず
文の矢橋も通い路や 心かただの雁ならで
われから先の袖の雨 濡れて乾かぬ比良の雪
瀬田の夕べと打ち解けて かたき心も石山の
月も隠るる恋の闇 会わずに暮らすわが思い
不憫と察しあるならば また来る春に近江路や
八つの景色にたわむれて 書き送る あらあらかしこ

三井晩鐘(みいのばんしょう)⇒見いもせず
矢橋帰帆(やばせのきはん)⇒文の矢橋も
堅田落雁(かたたのらくがん)⇒心かただの雁ならで
唐崎夜雨(からさきのやう)⇒われから先の袖の雨
比良暮雪(ひらのぼせつ)⇒乾かぬ比良の雪
瀬田夕照(せたのせきしょう)⇒瀬田の夕べと
石山秋月(いしやまのしゅうげつ)⇒石山の月も隠るる
粟津晴嵐(あわづのせいらん)⇒会わずに暮らす

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月13日 (木)

第293回 柳家小満んの会

13日で小満んの会である。夕方から日本橋へ。
この数日、涼しくなったと思ったら、今日はまた暑い。
日本橋に着いて、開場までの時間、汗が流れていた。

柳家小はだ:たらちね
柳家小満ん:近江八景
柳家小満ん:駒長
柳家小満ん:三十石

どうも西に向かう三席だったような。気のせいか?偶然。
花魁からの文に近江八景が読み込まれている「近江八景」、
上方者の丈八と大坂に逃げる「駒長」、そして京伏見から
淀川下りの「三十石」である。「近江八景」は難解な噺だ。
最初に近江八景について、そして八景に含まれていない
膳所(ぜぜ)の説明があって、それを頭に入れないと
オチもわからないのだが、今回、ひとつ気付いたことは、
近江八景の「暮雪」「晩鐘」「夜雨」「落雁」「晴嵐」といった
呼び名が、地名を変え、こちらで馴染みの「金沢八景」と
同じであり、「八景」とはそういうものかとよくわかった。
「ぜぜ」とは「銭」のことかと思ったが、子供は銭のことを
ぜぜというそうで、それを掛けていると説明を見付けた。
近江八景を後半の噺の核心に取り入れているところで、
八卦と掛けて、易者、占い者が登場するのかもしれない。
「駒長」は好きな噺だが、でも考えてみると美人局であり、
企みについては、ひどいことである。江戸落語によくある
上方者をバカにして、でも真っすぐな丈八に心を動かされ、
お駒さんは出て行ってしまうのであり、長兵衛の間抜けさ、
その辺の抜けっぷりがおかしく、角のない噺となっている。
サゲでは江戸の名物、烏にまで、あほ~とバカにされる。
仲入り後、「三十石」である。師匠の「三十石」は大好きだ。
最初に黒門亭で聞いて、棚卸し、関内と今回で四度目。
思ったよりもよく聞いている印象。この数年、定期的に
演じられているような気がする。旅の風景で夏が似合う。
川面に照らされる東の空に昇ってきた月、夜も遅くなり、
すると満月ではなく、二十三夜の下弦の月のようだが、
噺の中では、明かりのない船の中が、月に照らされ、
すると満月のイメージ、今ならば、中秋の名月であろう。
しかし夜明けが早く、空が白んでくる描写が美しいが、
もう少し夏至に近いような感覚であり、旧暦の八月で
ちょうど今頃の季節よりもう少し夏本番といったところか。
でも師匠が9月の会にこの噺を選んでいるということは、
夏の名残を感じつつ、中秋の名月なのかもしれない。
そこは勝手な推測で三十石船の川風が心地よかったが、
ということで、来週20日の木曜日が横浜の小満んの会、
「お見立て」「疝気の虫」「試し酒」の三席、楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

ウォルフガング・サヴァリッシュ 12

ウォルフガング・サヴァリッシュの指揮による
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の演奏で
ベートーヴェンの交響曲全集を収録順に聞いている。
交響曲 第1番 ハ長調と第3番 変ホ長調「英雄」
1993年6月にアムステルダム・コンセルトヘボウで収録。
この時代のいかにもスタンダードな仕上がりで、一方で
ピリオド奏法による時代考証の解釈が出てきた時期だが、
サヴァリッシュの演奏には、ゆったりと風格のある中にも
折り目正しく格調高い音作りが感じられて、改めて聞くと
深く心に響いて、感動する。新解釈とか個性的な演奏を
散々聞いた先にいまだからこそ再認識できるよさがある。
こうした全集の完成もあって、サヴァリッシュの評価が
世界的に高まっていた時期だが、きっと1960年代でも
1970年代のN響との演奏でもサヴァリッシュにとって、
ベートーヴェンの解釈は不変であり、その絶対の存在に
我々は強く惹かれていたのだと思う。大切な名盤だ。

WARNER 0999 9 93565 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月11日 (火)

柳家小ゑん「長い夜・改II」

謝楽祭で買ってきた小ゑん師匠の最新盤。
「長い夜・改II」(2018年6月4日 鈴本昼席主任)
「フィッ!」(2018年6月24日 ギャラリー伊勢元)
こちらも今年で、それも最近の高座からの二席だ。
鈴本の6月上席で小ゑん師匠がトリの寄席の日。
「長い夜」は私のお気に入りでCD化を待っていた。
試作品とか黒門亭で聞いたことがあったのだけど、
最初のときにすぐにはまったのがファミレス風景で
しかし何度か聞いて、慣れてくるとすべての場面で
細部にまで作り込まれていて、言葉遊びで最高。
「長い夜」は大好きである。1984年の作だそうで
現在が「改II」だが、昔のは、どんななのだろう。
その時代の話題が入るので、そこに興味が行く。
「フィッ!」も以前からお気に入りだった。これは
1984年の実験落語会、圓丈師匠の作で、それを
1994年に小ゑん師匠が改作したと解説にある。
奇妙な世界に紛れ込むのは圓丈風な印象だけど
噺の仕上がりはすっかり小ゑんワールドである。
「稲葉さんの大冒険」とか、「燃えよジジババ」、
それに「グリコ少年」も小ゑん師匠で聞いていて、
圓丈師匠の噺を小ゑん師匠で聞くのも魅力的。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«柳家小ゑん「銀河の恋の物語」