« 構造設計の偽造事件 2 | トップページ | 王立コンセルトヘボウ2004/2005 »

2005年11月27日 (日)

ドナウ・アルトミュール2000

今日は午後からFM放送で
ハンブルク国立歌劇場の2004年の新演出公演から
ベートーヴェンの歌劇「フィデリオ」を聞いていた。
「フィデリオ」は少し久しぶりでたいへんに素晴らしかった。
インゴ・メッツマッハーの指揮によるベートーヴェンは最高だ!
メッツマッハーはすごく興味ある存在なのだが、
しかし残念ながら聞く機会が少ない。
これまで聞いたメッツマッハーの指揮による演奏は
どれもみな素晴らしかったのだが、
作品がいろいろだったりもして、
まだ私の中で「メッツマッハーの指揮はこうだ」というのが、
よく見つかっていない。
しかし今日の「フィデリオ」は重要な公演であったと思う。
いずれまたじっくり聞きなおしたいと思う。

夜になって聞いているのは、
ドナウ・アルトミュール・サマー・コンサート2000から
クリスティーヌ・シェーファーの歌曲リサイタルである。
ピアノはエリック・シュナイダー。
シューベルトの「ファウスト」を題材にした歌曲。
ウェーベルンの歌曲そしてウォルフのスペイン歌曲集から。
美しい演奏だ。選曲がシェーファーならではというか、
深く奥行きのある世界で引き込まれてしまう。

CDR182

|

« 構造設計の偽造事件 2 | トップページ | 王立コンセルトヘボウ2004/2005 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/7351751

この記事へのトラックバック一覧です: ドナウ・アルトミュール2000:

« 構造設計の偽造事件 2 | トップページ | 王立コンセルトヘボウ2004/2005 »