« バイロイト音楽祭2004 | トップページ | ラーメン製作所 試食 »

2005年11月23日 (水)

バイエルン放送交響楽団

今日は横浜みなとみらいホールで
マリス・ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団の
横浜公演を聞いてきた。最高だった!

前半がチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番
春のラン・ランに続いて、今年二度目。
今回は、イェフィム・ブロンフマン。
驚いた。すごい音だった。
こんな音は聞いたことがない。
いろんなピアニストを聞いてきたが、
本当に初めての体験だった。
今回の私の席もあるのかもしれないけれど、
その迫力に圧倒されてしまい、
オーケストラのことは放り出して、
ひたすらブロンフマンに釘付けになってしまった。
私が今回聞いた席は、中央の比較的前の方で、
ちょうどまっすぐの目線の先がブロンフマンの腰の辺りである。
オーケストラだって、よく鳴っているのに、
巨大なフォルテにかき消されることがなく、
ピアノがはっきりと聞こえてきて、そしてどの音も美しい。
アンコールに応えて、熱演の後にさらに2曲も
ブラームスのピアノ・ソナタ 第3番のスケルツォ楽章と
そしてブロンフマンお得意のスカルラッティのソナタであった。

後半はショスタコーヴィチの交響曲第5番。
私はヤンソンスの大ファンなので、
ついにお目にかかれて、今日は幸せ。
バイエルン放送交響楽団で聞けたということもうれしい。
以前からよく書いているが、
私はドイツの放送オーケストラを熱心に聞いていて、
その中でもバイエルン放送交響楽団は
ナンバーワンの実力であるとよくいわれるけれど、
実際に聞いてみるとまさにその通りの圧倒的感動であった。
これまでにハンブルク、ライプツィヒ、シュトゥットガルトと
順番に聞いてきたが、やはり間違いなく今日が最高であると思う。

ヤンソンスはずいぶんCDで聞いているので、
以前から思っていたことだが、
実演で聞いても、本当にバランスのよい音作りで、
ショスタコーヴィチでもオーケストラ全員が巨大な音を出しても、
隅々まできれいに音楽がスッキリと聞こえてきた。
よく聞こえるというのももちろんだが、
さらにオーケストラをまとめるという点においても、
独特のバランス感覚で、素晴らしい音響を生み出して
ショスタコーヴィチの作品ということもあり、
より効果的に聞こえて、印象的だった。

オーケストラもアンコールが2曲。
はじめにグリーグの「ペール・ギュント」からソルヴェーグの歌。
ずっとロシアの音楽で来て、
そう!ヤンソンスがもう一方で得意としている北欧の音楽。
さらに続きストラヴィンスキー「火の鳥」組曲から
カスチェイ王の魔の踊り。
「火の鳥」は今回の日本ツアーでもレパートリーに入っていて、
すごい迫力の中、鮮やかに決まる音楽は快感だった。
今日は音楽体験においては、今年最高の一日だったと思う。

|

« バイロイト音楽祭2004 | トップページ | ラーメン製作所 試食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/7288171

この記事へのトラックバック一覧です: バイエルン放送交響楽団:

« バイロイト音楽祭2004 | トップページ | ラーメン製作所 試食 »