« 年末の整理はそろそろ | トップページ | 今日から「光」 »

2005年12月 7日 (水)

構造設計の偽造事件 5

また一週間で今回の事件の中心人物がずいぶん変わった。
先週はマンション販売会社「ヒューザー」の小嶋社長が、
過去の職歴から歌手デビューまで
とにかく何でもかんでもニュースになっていたが、
今週はまた変わり、本当の黒幕という感じで報道されているが、
姉歯建築士、木村建設などの親玉でもある
コンサルタント会社の総合経営研究所が的になっている。
しかし今日の国会参考人質疑では、
その中心人物である姉歯建築士と
総合経営研究所の内河所長が欠席して、
質疑を聞いていたが、真相究明については大した進展はない。

今回も詳しくは報道されないことをひとつ
ここで補足しておきたいと思う。
「計画変更」についてである。
一年半前の「隠蔽」疑惑についてだが、
構造設計に欠陥が見つかり、
それを「計画変更」で修正し、実際に建築された。
その流れについては、はっきりいって、
何も特別なことはなく、逆にいえば、
これはごく当たり前の毎日行われているような話であると思う。
決して「隠蔽」ではない。手続きに問題はない。
そこに悪意ある偽造を見抜けなかったことは残念であるが。
「計画変更」も審査があり、費用がかかるので、
決して進んでやりたいことではない。
私のような個人で活動して、物件も個人住宅のようなものであれば、
確認申請の前にしっかり隅々まで設計して、
出来上がったものを提出するので、
「計画変更」のような変更や申請手続きは避けるのだが、
このようにマンションやホテルの設計においては、
物件が巨大な規模であることもあり、
大手の設計事務所やゼネコン設計部のやり方だと
工事着工の日程も迫っていたりで
とりあえずの確認申請用の図面で確認を下ろし、
その後、工事の進行と共に計画を詳細に検討し、
コストやデザインの方針も煮詰めて、
最終的に確認図面と竣工図面の違いを
計画変更によって、届け出るのである。
適切な建築士の行う設計であるならば、
その確認申請用の図面というものが、
何も偽者ということではないので、それは付け加えておく。
これは偽造や悪意ある行為ではなく、
きちんとした倫理観に基づいて、適切な「完了検査」を受け、
そしてそれによって建築主に引き渡すという
よくある(といっていいのかわからないが)そういうプロセスなのである。
また工事中においても、建築主の様々に変化する希望や諸事情など、
そうした要求に設計者がしっかりと対応し、
確認機関に対しても、責任をもってそれを通告するという行為である。
今回の参考人質疑において、
質問議員がまさに「隠蔽」であると決め付けての追及で、
民間確認機関「日本ERI」も「イーホームズ」も
追い込まれているかのような印象を受けたので、
その点については、私は補足しておきたいなと感じた。

確認機関の答弁としては、審査は法的に適切に行われていると
一般の方には、正直それが責任逃れのようにも聞こえていると思うが、
私の建築的な知識からすると、現在の建築確認のシステムからいって
決して間違ったことを述べているのではなく、言い訳でもなく、
むしろこれが現状であるとも、そういう印象を受けた。
その現状のシステムを肯定するものではない。
今後改善しなくてはいけないところは改めなくてはならないだろう。
今回の「イーホームズ」藤田社長の答弁で、
法的に民間確認機関がどこまで踏み込めるのか、
その範囲についての説明を行って
「ご理解ください」という場面が多々あったが、
それについては、私も勉強になった箇所もあり、
民間機関は特定行政庁の指導下に成立しているので、
どこまで権限を発揮できるのか
というのは微妙なところでもあろう。
また設計の内容については、
確認申請を委託されている設計事務所が決定したものではなく、
建築主である施主によるものなので、
確認機関が設計者に対して変更を求めるという性格のものでもなく、
民間機関ならば、特にそれを言い出しづらいということもあるだろうし、
それは自治体が確認を下ろす場合においても変わらない。

あまり書きすぎると自分で自分の首を絞めるようなことになってしまうが、
しかし参考人質疑を聞いていて、
専門的に知らない議員が正義感に基づいて質問を行い、
日々法律(建築基準法)相手に生活している確認機関が、
その法律によって説明を行ったとき、
専門的に知らない一般の多くの人々は、
誤解をするというより、さらに議論がまた違う方向へと
勝手に一人歩きしてしまうのではないかと
その辺が気になったので、少し書いておくことにした。

|

« 年末の整理はそろそろ | トップページ | 今日から「光」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/7511305

この記事へのトラックバック一覧です: 構造設計の偽造事件 5:

» 『耐震構造偽造問題』、何かおかしい? [世の中の出来事から]
今日参考人が呼ばれた。 しかし、中心人物の2人は来なかった。 これでは意味がない。 与党は『証人喚問』に、『姉歯建築士』を呼ぶようにと‥ 野党は、『証人喚問』に、『姉歯建築士』と『内河総合経営研究所代表』をと‥ 何故か? 今回の、この『耐震構造偽造グループ』を調べるとチョット気になる‥ 『総合経営研究所グループ』に『エスジー通商』、『エスジーホテルネット』 という会社があるらしい。 『エスジー』、聞いた事があるなあ? どっかの『宗教団体』も『エスジー』を使っていた... [続きを読む]

受信: 2005年12月 7日 (水) 19:30

« 年末の整理はそろそろ | トップページ | 今日から「光」 »