« クリストフ・エッシェンバッハ | トップページ | 落語のCD化 3 »

2005年12月23日 (金)

落語のCD化 2

父のリクエストでといいつつ
実際は私の方がすっかりはまってしまったが、
急がなくてもいいのだけれど、
年末のうちに落語のCD化の第二弾である。
今回は柳家小さんで
「饅頭こわい」「たらちね」「万金丹」
お馴染みの「饅頭こわい」だが、「たらちね」の方が面白い。
両方とも長屋の噺である。
そして「万金丹」だが、これは面白いのだが、
とんでもない悪党の噺。ひどい!!
しかしひどければひどいほどに笑ってしまう。
そこが落語であり、許されるところ。
落語は本当に素晴らしい。

|

« クリストフ・エッシェンバッハ | トップページ | 落語のCD化 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/7818261

この記事へのトラックバック一覧です: 落語のCD化 2:

« クリストフ・エッシェンバッハ | トップページ | 落語のCD化 3 »