« 落語のCD化 2 | トップページ | バイロイト音楽祭2005 »

2005年12月24日 (土)

落語のCD化 3

全く急いでいないのだけれど、
年末のうちに落語のCD化の第三弾である。
はまってしまった。
今回は三笑亭可楽で
「二番煎じ」「味噌蔵」「らくだ」
火事と喧嘩は江戸の華…ということで
「二番煎じ」は見回り(火の用心)の旦那衆の噺であり
「味噌蔵」もまた酒問屋の旦那でこちらはけちの噺だが、
私はどうも旦那の噺が好きみたいだ。すごくいい。
そして「らくだ」だが、これがまたひどい!
長屋の噺だが、とんでもない悪党の登場である。
しかし笑える。最高に笑える。

世間ではクリスマス・イブだが、
私はすっかり江戸時代にタイム・スリップしてしまっている。
空気が乾燥しているが、火にはお気をつけください。
そうしないと「邪魔でぁ邪魔でぁ~い、どきやがれ~い」と
火事見物の野次馬たちが集まってきてしまう

|

« 落語のCD化 2 | トップページ | バイロイト音楽祭2005 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/7818432

この記事へのトラックバック一覧です: 落語のCD化 3:

« 落語のCD化 2 | トップページ | バイロイト音楽祭2005 »