« 構造設計の偽造事件 8 | トップページ | ニューイヤーコンサート1992 »

2006年1月 8日 (日)

ニューイヤーコンサート1992

1992年の元日、カルロス・クライバーが指揮した
ウィーンフィルのニューイヤーコンサートである。
衛星放送からMDに録音したものを
友人が貸してくれた。もちろん超高音質。
パソコンに取り込んだのだが、
素晴らしい。感動。興奮。
もう14年前になるのか?ついこの前のようだ。
もちろんこのコンサートはNHKの生中継を見たし、
SONYから発売されたCDも持っている。
しかし友人の言うとおり、
これは会場の雑音から拍手から、
拍手が鳴り止んでから演奏までの間も
何から何まで編集のない完全なるライブなのだが、
編集なしのこの音で聞くほうが、断然素晴らしい。
会場の興奮がリアルに伝わってくる。
クライバーの指揮によるウィーンフィルは、
何という気高き誇りある響きであろう。
ウィーンフィルからその魅力を存分に引き出して、
ここまで自在に踊らせることができる指揮者って、
クライバー以外にいるだろうか?
この年以降の毎年のニューイヤーも
もちろんみな最高に魅力にあふれているが、
しかしやはりこれを聞いてしまうと、
カルロス・クライバーは特別である。

「カルロス・クライバー」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« 構造設計の偽造事件 8 | トップページ | ニューイヤーコンサート1992 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/8068502

この記事へのトラックバック一覧です: ニューイヤーコンサート1992:

« 構造設計の偽造事件 8 | トップページ | ニューイヤーコンサート1992 »