« セルジュ・チェリビダッケ 1 | トップページ | ツィメルマンのブラームス »

2006年1月27日 (金)

モーツァルト生誕250年

1月27日はモーツァルトの誕生日で
今日250回目の記念の日を迎えた。
今年は生誕250年というモーツァルト・イヤーである。
ザルツブルク・モーツァルト週間は、毎年この時期に行われ、
今日は祝祭大劇場でウィーンフィルが記念演奏会を行っている。
マチネ・コンサートではアルノンクールが指揮して、
夕方からはムーティの指揮でガラ・コンサートのような
内田光子(ピアノ協奏曲 K.503)も出演し、
ギドン・クレーメルとユーリ・バシュメット(協奏交響曲 K.364)、
そしてルネ・フレミングやトマス・ハンプソンがオペラのアリアを歌うという、
なんと贅沢なコンサートだろうか。

毎年1月27日を迎えると思い出されるのが、
フリードリヒ・グルダのことである。
モーツァルトの音楽を誰よりも愛していたグルダは、
2000年1月27日に亡くなった。
モーツァルトの誕生日に旅立ったのである。
何か不思議なつながりを感じる。
グルダが弾くモーツァルトは最高だった。
あんなに美しい演奏は他にない。
即興的に生み出される愛情のこもったニュアンスは、
まさにモーツァルトの天才ぶりを感じさせてくれたのである。

「フリードリヒ・グルダ」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« セルジュ・チェリビダッケ 1 | トップページ | ツィメルマンのブラームス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/8371815

この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルト生誕250年:

» モーツァルトイヤー!企画 番外編  グルダ、モーツアルト&チック・コリア。この組み合わせは?! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
昨日届いた、ヤマハが新しく発行する雑誌、「音遊人」(みゅーじん)創刊号の特集は、うれしいモーツアルト!でした。 タイトルは、「空飛ぶモーツァルト」?! 最初の特集1.は、「ザルツブルグ紀行」 まっ良くある企画かな、と次へ、 特集2.「ピアニスト、グルダを知っていますか?」 おおおっ!! 特集3.「婦人(祐子さん)が語るグルダの肖像 私の愛したピアニスト」 おおおおっ!! ク... [続きを読む]

受信: 2006年2月26日 (日) 20:05

« セルジュ・チェリビダッケ 1 | トップページ | ツィメルマンのブラームス »