« 正月ってテレビで | トップページ | オトマール・スウィトナー »

2006年1月 3日 (火)

正月ってテレビで 2

毎年そのつもりはないのだが、
正月って、ついテレビで
今年も結局そう過ごしてしまった。

1月3日といえば、毎年恒例の
「初笑い東西寄席」で漫才、漫談、マジック、落語を楽しむ。
最近はすっかり落語ブームであり、楽しみにしていたのだが、
今日は桂小三治で正月といえばこれ!「初天神」である。
そして桂歌丸で「後生鰻」も聞けた。面白かった。
落語は素晴らしい!

若手の笑いも魅力であり、
すごく面白いのだが、タカアンドトシも登場した。
タカアンドトシといえば!
「欧米かよ」…「欧米かよ」「南米かよ」「OBかよ」「横暴かよ」である。
面白い。大好きである。注目の存在。

東京ボーイズのネタの中に
「一富士、二鷹、三なすび」のことが話題に上って、
「三なすび」は「事を成す」ということから来ているそうだが、
その「成す」というのが、昨日も時代劇「天下騒乱」で見た
荒木又右衛門の仇討ちのことだそうな。へぇ~。

さらに初夢に関係するが、
今日の朝日新聞朝刊の天声人語で
「おたから~、おたから~、おたから~」のことが書かれているが、
これは落語「七福神」に登場してくる「くじ屋さん」のことで、
落語の知識って、役立つではないか!!
江戸時代には、初夢で良い夢を見たいと
枕の下に「七福神の乗った宝船」の絵を敷いて寝たそうなのである。

今日は三谷幸喜の「新選組!!土方歳三 最後の一日」を
楽しみにしていたのだが、これは必ず見ようと思っていたけれど、
その前の一昨年の大河ドラマの総集編まで見てしまった。つい。
話は知っているので、総集編アンコールはいいと思っていたのに、
でもやはり面白かったのである。さすがに三谷幸喜だ!
さらには「古畑任三郎ファイナル」に続く。
すごい。今年は幸せな正月だ!
こんな正月でした。

|

« 正月ってテレビで | トップページ | オトマール・スウィトナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/7989274

この記事へのトラックバック一覧です: 正月ってテレビで 2:

« 正月ってテレビで | トップページ | オトマール・スウィトナー »