« ニューイヤーコンサート2006 | トップページ | 正月ってテレビで 2 »

2006年1月 2日 (月)

正月ってテレビで

毎年そのつもりはないのだが、
正月って、ついテレビで過ごしてしまう。
1月2日は昔からテレビ東京で
長時間時代劇(10時間である)をやっているが、
今年も特に見るつもりはなかったのに、
両親が見ていたので、つい私も見てしまった。
途中抜けているところもあるが、
後半はずっと真剣に見てしまった。
というのは、三代将軍家光の時代の話で、
土井利勝や柳生十兵衛を中心に話が展開して、
今まであまり詳しくなかったところでもあり、
新鮮で面白かったのだ。
後半は荒木又右衛門の敵討ちの話で
名前は聞いたことあるけど、全然知らなかった。
大河ドラマなどを中心に時代劇はいつも
信長・秀吉・家康の戦国時代関連の物語ばかりなので、
すでにもううんざりの部分もあるし、
時代が少しずれるだけで新鮮味があったりもする。

そういいながら、今年の大河ドラマ「功名が辻」も
信長・秀吉・家康の時代の物語である。
その点では「またかよ!」という突っ込みを入れるが、
しかし「山内一豊の妻」という点では、
切り口が違うので楽しめるかもしれないと期待はしている。

|

« ニューイヤーコンサート2006 | トップページ | 正月ってテレビで 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/7983085

この記事へのトラックバック一覧です: 正月ってテレビで:

« ニューイヤーコンサート2006 | トップページ | 正月ってテレビで 2 »