« 後輩の結婚式 | トップページ | 第1244回N響定期公演 »

2006年2月13日 (月)

第1244回N響定期公演

1994年11月のN響定期公演で
指揮はウォルフガング・サヴァリッシュ。
このときはサヴァリッシュの指揮する4つのプログラムが、
すべてブラームスの作品で、その中でも特に
この第1244回定期公演における
ラドゥ・ルプーが登場したピアノ協奏曲第1番は、
録音が残っている。私の宝物である。
とはいっても、この頃はまだカセットテープの時代であり、
はっきりって、録音状態はよくない。
パチパチ、ジジってところどころに入るし、
ついでに最悪なのが、第2楽章の盛り上がったところで、
オートリバースで音が消えてしまうのである。
しかし本当に感動的な演奏で、忘れられない。
MDが登場したときにダビングしておいたものが今もあり、
なぜか急に久しぶりに聞きたくなって、
せっかくの機会なのでCD-Rに焼いて、
きちんとこれからも保存していきたいと思う。
ノイズは多いのだが、幸いにも音質は十分に楽しめる。

この演奏会は、N響定期公演のFM生放送を聞いたのだが、
ルプーのピアノの美しさに感動して、夢中になってしまい、
どうしてももう一度聞きたいと、実は録音をしたのは、
後に「N響に登場した名手たち」という再放送でのものなのである。
この演奏会は本当に宝なので、「N響アワー」もわざわざ録画して、
ビデオも残っている。私もずいぶん気合が入っている。
しかしお恥ずかしい話だが、宝といっておきながら、
いつの演奏会だったのか、詳しい記録が失われてしまって、
1994年11月のものというのは、インターネットで調べがついたのだが、
ビデオで確認したところ、映像は11月5日となっている。
しかし当時のことはちょっと思い出せないのだが、
FM生放送とテレビ用の映像収録が同じ日だったのか、
昔のことは忘れてしまって、結局詳しいことはわからない。
FM放送とテレビの映像が同一の演奏であるか?
その辺はまだ確認していないが、やはり情報は
きちんと保存しておかなくてはダメである。
もしどなたか情報をお持ちの方がいらしたら、ぜひ教えてください。
ちょっとマニアックだけど、N響のファンは多そうだし。
感想については、また明日書こうと思う。

ちょっと話は変わるが、ビデオで日付だけ、先ほど確認したのだが、
そこでビックリ!N響アワーって、そういえば、
昔は中村紘子が司会をしていたのだ。
池辺さんになって、ダジャレを聞くようになって、
もうずいぶん長いので、すっかり忘れていた。
もっと昔は、芥川也寸志、木村尚三郎、なかにし礼の三人組で
そちらの時代は印象深いのだけど。懐かしい。

「ラドゥ・ルプー」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« 後輩の結婚式 | トップページ | 第1244回N響定期公演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/8656101

この記事へのトラックバック一覧です: 第1244回N響定期公演:

« 後輩の結婚式 | トップページ | 第1244回N響定期公演 »