« 白菜の漬物をつくる | トップページ | 落語のCD化 »

2006年2月28日 (火)

私が聞いた今年の名盤2006

先月からあまり変化がないが、2月末の時点で。
今月はカルロス・クライバーの第7ライブである。
やはりこれ抜きにはいけない。

《交響曲》
○ショスタコーヴィチ 交響曲 第2番、第12番
   ~マリス・ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団

《管弦楽》
○R.シュトラウス 英雄の生涯~ラトル指揮ベルリンフィル

《協奏曲》
◎ブラームス ピアノ協奏曲 第1番
   ~クリスティアン・ツィメルマン、ラトル指揮ベルリンフィル


《室内楽》
今のところなし

《器楽曲》
今のところなし

《歌劇》
今のところなし

《声楽曲》
今のところなし

《ライブ盤》
◎ベートーヴェン 交響曲 第7番~クライバー指揮バイエルン国立管弦楽団
○ブラームス 交響曲 第1番~ギーレン指揮南西ドイツ放送交響楽団

(◎は特に大切に感じられる名盤です)

|

« 白菜の漬物をつくる | トップページ | 落語のCD化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/8884041

この記事へのトラックバック一覧です: 私が聞いた今年の名盤2006:

« 白菜の漬物をつくる | トップページ | 落語のCD化 »