« エド・デ・ワールト | トップページ | 第1401回N響定期公演 »

2006年3月14日 (火)

次回のトラツォムは

私が参加している趣味の集まりで
「トラツォム」の次回の演奏会を
まだ日程は決まっていないが、
これから企画に入るという連絡が入った。
今年に入って、全くピアノを触っていなかったので、
かなりの焦りを感じつつ、最近は少しずつ練習している。
これまで毎回必ずドビュッシーの作品を取り入れてきたのだが、
ちょっと今考えているのは、思い切ってこの辺で、
ドビュッシーは封印しようかなと。
二巻ある前奏曲集や練習曲集など、
ときどき練習しようかなとすでに弾いていて、
以前の演奏会で取り上げていない作品はいくつもあるのだが、
しかしそれをこれから何ヶ月も練習して、気合を入れて、
それだけのエネルギーを注ぎ込む作品というのは、
今のところ、あまり見当たらず、それが現在の心境なのだろう。
といって、常に気に入っている作品で、
すでに取り上げている作品を毎回、
また今回も弾くというのも、いくら練習を省きたいとはいえ、
さすがに自分でも考えてしまう。
同じ作品を繰り返すというのは、
必ず新たな進歩はあるので、大切だとは思うのだけど、
必要なのは自分の中での音楽に対する新鮮な感覚である。
ということで、いまいろいろと考え中である。

|

« エド・デ・ワールト | トップページ | 第1401回N響定期公演 »

コメント

ドビュッシーのエチュードをお弾きになるのですか!凄いですね。
レパートリーを拝見したいものです。

投稿: yukaris | 2006年3月17日 (金) 09:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/9102147

この記事へのトラックバック一覧です: 次回のトラツォムは:

« エド・デ・ワールト | トップページ | 第1401回N響定期公演 »