« 落語のCD化 | トップページ | セルジュ・チェリビダッケ 11 »

2006年4月30日 (日)

私が聞いた今年の名盤2006

今月はエッシェンバッハのチャイコフスキー「四季」を追加しました。
フィラデルフィア管弦楽団との交響曲第5番のCDですが、
エッシェンバッハの久々のピアノ独奏を聞く喜びに
あえて「四季」を選びます。

《交響曲》
◎マーラー 交響曲 第7番~バレンボイム指揮ベルリン・シュターツカペレ
○ショスタコーヴィチ 交響曲 第2番、第12番
  ~マリス・ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団

《管弦楽》
○R.シュトラウス 英雄の生涯~ラトル指揮ベルリンフィル

《協奏曲》
◎ブラームス ピアノ協奏曲 第1番
  ~クリスティアン・ツィメルマン、ラトル指揮ベルリンフィル
◎ブラームス ピアノ協奏曲 第2番
  ~ネルソン・フレイレ、シャイー指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団


《室内楽》

今のところなし

《器楽曲》
◎ベートーヴェン ピアノソナタ op.109-111~内田光子
◎チャイコフスキー 「四季(1月~6月)」~クリストフ・エッシェンバッハ


《歌劇》
今のところなし

《声楽曲》
今のところなし

《ライブ盤》
◎ベートーヴェン 交響曲 第7番~クライバー指揮バイエルン国立管弦楽団
◎ブラームス 交響曲 第2番~ギーレン指揮南西ドイツ放送交響楽団

○ブラームス 交響曲 第1番~ギーレン指揮南西ドイツ放送交響楽団

は特に大切に感じられる名盤です)

|

« 落語のCD化 | トップページ | セルジュ・チェリビダッケ 11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/9828773

この記事へのトラックバック一覧です: 私が聞いた今年の名盤2006:

« 落語のCD化 | トップページ | セルジュ・チェリビダッケ 11 »