« アルフレッド・ブレンデル 2 | トップページ | 私が聞いた今年の名盤2006 »

2006年4月29日 (土)

落語のCD化

月末なので、ちょっと落語を。
少し前に録音しておいた
八代目の春風亭柳枝で「山号寺号」
十代目の金原亭馬生による「花筏」
そして五代目の柳家小さんで「花見の仇討」。

「山号寺号」とは、言葉遊びのような噺で
お寺は「○○山○○寺」というけれど、
「○○さん○○じ」というのはたくさん見つかるという。
「おかみさん、拭き掃除」、「看護婦さん、赤十字」、
「時計屋さん、いま何時?」、「果物屋さん、オレンジ」とか。
若旦那と太鼓持ちの一八のやり取りである。

「花筏」は相撲の噺で、これがいい。爽やかに風流である。
十代目の金原亭馬生とは、古今亭志ん生の長男、古今亭志ん朝の兄である。
名人志ん生の芸風は、次男の志ん朝に受け継がれていたとよくいわれ、
志ん生が亡くなる寸前に、「志ん生」の名跡は志ん朝に継がせるといったと
有名な話のようだが、しかし金原亭馬生の落語、たいへんに素晴らしい。
上品な語り口で、言葉もきれいだし、ふと志ん生を思いだすときもある。
ぜひ金原亭馬生の落語を他にも聞いてみたいものである。

そしてさらに季節にふさわしい「花見の仇討」、春の落語である。
しかし花見といっても、花見の趣向で仇討ち芝居の一騒ぎをするという
長屋のドタバタ騒動で、明るく楽しい噺である。
こういう落語は、小さんが最高で、長屋ものは小さんに限る!
「花見の仇討」は落語の定番だろうか?素直に面白い。
江戸の粋で風流な文化を感じて、やはり何とも清々しく、
季節感、人々の情緒ある心、これが落語の素晴らしさだ。

|

« アルフレッド・ブレンデル 2 | トップページ | 私が聞いた今年の名盤2006 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/9815969

この記事へのトラックバック一覧です: 落語のCD化:

« アルフレッド・ブレンデル 2 | トップページ | 私が聞いた今年の名盤2006 »