« マーラーの名盤たち | トップページ | 横浜の風景から 5 »

2006年6月21日 (水)

王立コンセルトヘボウ2005/2006

ロイヤル・コンセルトヘボウの自主制作ライブ盤から
マリス・ヤンソンスの指揮によるマーラーの交響曲第6番。
ヤンソンスの「悲劇的」は、ロンドン交響楽団とのライブもあるのだが、
短い間に同じ作品が続いて登場するとは、ちょっと驚きの展開。
でも今回はコンセルトヘボウでもあり、やはり注目である。
しかし冒頭から極めて快調なテンポ設定で、
音作りはこの上なくスタイリッシュ、ヤンソンスならではの清潔感というか、
基本的にはロンドン交響楽団のときと大きな変化はないと思われる。
ちょっと整理されすぎているという贅沢なことをいうが、
ヤンソンスのマーラーは独特の傾向があり、
濃厚で重くって、激しいマーラーを好む人には、ちょっと物足りないかも。
しかし今回は、RCOの自主制作の特長でもあるSACD仕様でもあり、
音質の点ではかなり魅力的で、迫力ある臨場感に包まれて、
聞き進むにつれて、その音の世界にすっかり魅了されてしまう。
コンセルトヘボウのマーラー演奏は非常に歴史があり、
代々の音楽監督が熱心に取り組んできているし、
独特の暖かみのある音、角のとれたブレンドされた響き、
期待通りの仕上がりにすっかり満足するのだが、
そこにこの透明感を持ち込んだのが、
ヤンソンスの存在であると私は思う。
部分ごとにクローズアップして聞くと、ちょっと流れすぎで、
どんどん通り過ぎていってしまうような印象もあるのだが、
しかし全体像で音楽を認識するならば、
この端整な仕上がりは見事としかいいようがなく、
気がつくと感動的なマーラーの音楽にのめり込んでいるのである。
終楽章の迫力の世界、鋭くこちらに迫ってくるが、
この辺も音質の素晴らしさは最大の武器だ!
マーラーの後にはもう何も聞きたくない!と思ってしまうのだけれど、
しかしここで収録されているヘンツェの新作
「夢の中のセバスチャン」もすっかり気に入ってしまった。
近年多くなっている、それほどに現代音楽の印象でない
響きやリズムやテンポ感を楽しめる音楽なのだが、
マーラーと並べても、全然違和感がない。

RCO 06001

「マリス・ヤンソンス」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« マーラーの名盤たち | トップページ | 横浜の風景から 5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/10623589

この記事へのトラックバック一覧です: 王立コンセルトヘボウ2005/2006:

« マーラーの名盤たち | トップページ | 横浜の風景から 5 »