« 第1576回N響定期公演 | トップページ | バイエルン放送交響楽団2003/2004 »

2006年6月30日 (金)

私が聞いた今年の名盤2006

月末なので「私の名盤」の途中経過だが、
今月はスクロヴァチェフスキのベートーヴェンを追加。
今回の第1番、第4番は特に気に入った。
ミスターSはマニアックな追っかけファンが増えている中、
実際のところはスーパースターというわけでもないし、
私はというとその中間的位置づけである。
スクロヴァチェフスキは、わりとよく聞いているけれど、
しかしミスターSだけというわけでもないし、
でもここでの第1番、第4番は、マニアックファンだけでなく、
多くの人々に受け入れられるであろう素晴らしい魅力を私は感じた。

《交響曲》
◎マーラー 交響曲 第7番~バレンボイム指揮ベルリン・シュターツカペレ
○ショスタコーヴィチ 交響曲 第2番、第12番
   ~マリス・ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団
○ベートーヴェン 交響曲 第1番、第4番
   ~スクロヴァチェフスキ指揮ザールブリュッケン放送交響楽団

《管弦楽》
○R.シュトラウス 英雄の生涯~ラトル指揮ベルリンフィル

《協奏曲》
◎ブラームス ピアノ協奏曲 第1番
   ~クリスティアン・ツィメルマン、ラトル指揮ベルリンフィル
◎ブラームス ピアノ協奏曲 第2番
   ~ネルソン・フレイレ、シャイー指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団


《室内楽》
今のところなし

《器楽曲》
◎ベートーヴェン ピアノソナタ op.109-111~内田光子
◎チャイコフスキー 「四季(1月~6月)」~クリストフ・エッシェンバッハ


《歌劇》
○ワーグナー 「パルジファル」~ティーレマン指揮ウィーン国立歌劇場

《声楽曲》
今のところなし

《ライブ盤》
◎ベートーヴェン 交響曲 第7番~クライバー指揮バイエルン国立管弦楽団
◎ブラームス 交響曲 第2番~ギーレン指揮南西ドイツ放送交響楽団

○ブラームス 交響曲 第1、3、4番~ギーレン指揮南西ドイツ放送交響楽団

は特に大切に感じられる名盤です)

|

« 第1576回N響定期公演 | トップページ | バイエルン放送交響楽団2003/2004 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/10732209

この記事へのトラックバック一覧です: 私が聞いた今年の名盤2006:

« 第1576回N響定期公演 | トップページ | バイエルン放送交響楽団2003/2004 »