« ザルツブルク音楽祭2001 | トップページ | 横浜の風景から 6 »

2006年7月12日 (水)

市役所で事前相談

いま取り組んでいる新築住宅に関して
構造事務所の担当の方が構造の計画について、
今週はじめに役所(構造係)へ事前相談に行ってくださったのだが、
そこでいろいろな指摘があったようで、
意匠の審査についても早めに行かれた方がいいですよ!と
今日慌てて、私も市役所(意匠審査係)へ事前相談に行ってきた。
法的に特殊な設計をしているつもりはなかったのだが、
たしかに複雑な空間構成にしているのは事実で
つまり構造的には、そんなに容易い建物ではないと
そういうことだそうなのである。
昨日の晩、寝る前にもう一度、建築基準法の基準をチェックして、
今朝は食事も喉を通らず(大袈裟!)、緊張しながら、
朝から市役所へと出掛けた。
しかし意匠審査の方に空間構成を説明して、
法的にもクリアしていることをお話しすると
やはり特別それに問題があるわけではなく、
心配していた点については、意匠的には、
それほど問題とすべき事柄ではなかったのだ。
断面図で空間構成を話したところ、
それを見て、役所の方が「面白いですね!」といってくださり、
かえって機嫌よく、少し安心したのである。
しかし一方で、建築確認については、
どちらかというと構造の審査の方が、ウエイトが大きくなってしまって、
構造事務所には、非常にお世話になってしまう。
戻ってすぐに何卒よろしくと電話してしまった。
より豊かな空間を創造したいと日々努力しているわけだが、
そういう空間を現実にしてくれるのは「構造」なのである。
今日そのことを改めて認識。
そしてひとつの建物についても、意匠と構造の見解の違いで
ここまで判断が大きく変わってしまうものなのだと
それも今日はじめて思い知らされた。
設計の基準としては、意匠審査の項目ばかりを気にして、
それをクリアしていれば大丈夫とつい考えてしまうのだが、
構造については、構造事務所に頼りすぎなのであり、
もっと構造設計にも配慮しつつ、建築を考えていかなければと
反省!そしてこれからますます勉強である。

|

« ザルツブルク音楽祭2001 | トップページ | 横浜の風景から 6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/10917568

この記事へのトラックバック一覧です: 市役所で事前相談:

« ザルツブルク音楽祭2001 | トップページ | 横浜の風景から 6 »