« ウィーンフィル2005/2006 | トップページ | ロサンゼルスフィル2005/2006 »

2006年10月15日 (日)

ポリーニの室内楽

今日はサントリーホールへ
「ルツェルン音楽祭 東京 2006」における
ルツェルン祝祭チェンバー・フェストⅡを聞いてきた。
ルツェルン祝祭管弦楽団のトップ奏者たち
つまり世界の第一線で活躍する名手たちによる室内楽、
ザビーネ・マイヤーを中心にモーツァルトのクラリネット五重奏曲、
後半はポリーニが登場して、ブラームスのピアノ五重奏曲である。
しかし会場へ行くと、そういえば今回の席、遠かったのだ。
1階席のかなり後ろの方で、正直なところ、
演奏に関して、あまり詳しいことはわからない…
モーツァルトがはじまるとザビーネ・マイヤーの美しい音色、
暖かみのある豊かな響きが聞こえてくるのだが、
やはりサントリーホールの大ホールはちょっと大きいのでは…って。
音が飛んでいってしまう感じ。一所懸命聞かないと!
もっと小さな会場で近くで聞けたなら、どんなによかっただろう。
緻密にして、繊細な室内楽の細やかな表情をもっと身近に聞きたかった。
でもモーツァルト・イヤーの今年にザビーネ・マイヤーで
クラリネット五重奏曲を聞けたのは、これは財産だ!

演奏については、あんまり細かいことは書けないので、
ならば雰囲気を楽しもうということで、
今回も会場の中央でポリーニの奥さんや調律のファブリーニ氏、
どこかで見ている有名人たちが、和やかに鑑賞していた。
クラウディオ・アバドも一緒に聞くのではないかと
登場するか!?って、気にしていたのだが、
その中央の一群の中には、現れなかった。残念。
休憩時間には、演奏を終えたばかりの
ヴァレンティン・エルベン(アルバン・ベルク四重奏団のチェロ奏者)が現れて、
ポリーニの奥さんが拍手を贈って、楽しそうに会話していたのには、
なんとも微笑ましい光景で、そういう場を共有していたということだけでも
ついうれしくなってしまう。こういう演奏家と一緒に聞くコンサート、
ブーレーズ・フェスティバルやポリーニ・プロジェクトなど
そのへんでもよく見られた光景なのだが、
音楽を一緒に楽しみながら、会場も奏者も一体になって作っていこうという
本当に素晴らしいことであると思う。会場に行かないと味わえないという。

だけど、ちょっとここで、ひとつ。
休憩時間に後半のブラームスで演奏する
コ-リャ・ブラッハーとウォルフラム・クリストが、
舞台上でのイスの配置を確認しに現れたのだが、
そうしたら、私の横に座っている若いカップル、
そこで出た言葉、「あのジジイ、偉そうにしてるよ」
何を言い出すのだ!かの偉大なウォルフラム・クリストにである。
ひとりだけではない、後ろに座っている年輩の夫婦も
似たようなことをコソコソ話し合っていた。
ウォルフラム・クリストといえば、ベルリンフィルの元主席ヴィオラ奏者、
カラヤン時代から90年代のアバド時代に、
ベルリンフィルの中心的存在として、楽団を支えた人である。
たしかに遠くから見れば、そんな風貌でもあるのだが、
しかし知らないということは恐ろしいものである。
芸術家を相手にめったなことはいうべきでない!
演奏家に対して、そんな失礼な見方をしていて、
そこから生まれてくる音楽を心から楽しめるものだろうか。
そういう奴らに聞く資格はないと思うけど。
ちょっと腹が立ったので、書かずにはいられない。

後半のブラームス、すごくよかった。
さっきも書いたとおり、細かいことはよくわからないのだが、
音が遠く感じられて、第1楽章では
音空間に慣れるのに必死になって終わってしまったけど、
第2楽章以降、じっくり味わって、感動しながら聞いていた。
ポリーニの深みのある低音に今を感じて、
これを聞けたから、私は今日はもう大満足。
強い緊張感でぐいぐいもっていくかと思うと
一方で大きく開放(安らぎ)して、
その音楽の振幅、広がりにすっかりまいってしまった。
弦楽器も熱演でよかったと思う。
特にチェロのマリオ・ブルネロ。
前半のモーツァルトにおけるヴァレンティン・エルベンもよかったし、
音楽をしっかり支える低音という点でも
私はチェロの音色にひかれるのか?
もちろん全員が素晴らしかった。
さすがにルツェルンのアバド・チームのメンバーである。

後半にはブラームスの第3楽章がアンコールでもう一度演奏されて、
それがまた感動的だった。本番もよかったけど、さらにまたすごく、
演奏を無事に終え、アンコールということで
よりリラックスして臨んでいるのか、しかしそれがまた、
迫力や集中力や音の輝きを生み出し、
本当に素晴らしい演奏。最高!
こういう室内楽コンサートはまたぜひ機会を作ってほしい。
ポリーニ・プロジェクトの歌曲もよかったし、
ぜひ今後も企画していただきたいものである。
梶本さん、よろしくお願いします。

「マウリツィオ・ポリーニ」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« ウィーンフィル2005/2006 | トップページ | ロサンゼルスフィル2005/2006 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/12301988

この記事へのトラックバック一覧です: ポリーニの室内楽:

« ウィーンフィル2005/2006 | トップページ | ロサンゼルスフィル2005/2006 »