« バイロイト音楽祭2005 | トップページ | バイロイト音楽祭2005 »

2006年11月 9日 (木)

バイロイト音楽祭2007の話題

ちょっとだけバイロイト音楽祭2007の話題を。
注目は新演出の「ニュルンベルクのマイスタージンガー」である。
演出はカタリーナ・ワーグナーでバイロイト・デビュー。
カタリーナはウォルフガング・ワーグナー総監督の娘。
指揮はすでに発表されている通り、セバスティアン・ヴァイグレ。
これは今年の新演出リング(ティーレマン指揮)に続いて、
たいへん期待の存在なのだが、驚いたことに、
2007年は「トリスタンとイゾルデ」が消えた。
クリストフ・マルターラーの演出だが、たった2年で消えてしまって、
一体どういうことだろう。おそらくいずれ復活すると思うのだが。
その際に演出の大幅な変更がなされるのか?
でもこういうことならば、ペーター・シュナイダーの存在は偉大だが、
しかし2006年も大植英次で続行してほしかった!と
これはやはり厳重抗議である(笑)

かわりに「タンホイザー」が早くも復活。
ティーレマンがリングに移ったため、今年は上演されなかったが、
来年の指揮は、ファビオ・ルイージが予定されているらしい。
素晴らしい!うれしいではないか!ルイージの大ファンである。
こういう展開は大歓迎なのだが、実は私は、
フィリップ・アルロー演出の「タンホイザー」は
きっと復活するだろうと予想していたのだけれど、
その際にはぜひ準・メルクルが登場しないかと
ひそかに期待していたのだが、ルイージだった。
ライプツィヒMDRつながりではあるのだが、
前任者ですでに実績のある方に行ったということだ。
2007年はまた話題の年になると思う。

|

« バイロイト音楽祭2005 | トップページ | バイロイト音楽祭2005 »

コメント

はじめまして。
とても「豚に真珠」「猫に小判」の世界なのでございますが、今年初めてバイロイト音楽祭に行くことになりました。
なにか、ご助言をいただけたらと思い、書かせていただきました。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
オペラは好きなのでございますが、全くの素人でございます。

投稿: 森の妖精 | 2008年4月15日 (火) 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/12620787

この記事へのトラックバック一覧です: バイロイト音楽祭2007の話題:

« バイロイト音楽祭2005 | トップページ | バイロイト音楽祭2005 »