« 横浜の風景から 10 | トップページ | 設計レポート~住宅M »

2006年11月 4日 (土)

落語のCD化

連休なので、落語のCD化を。
今回はすべて五代目の古今亭志ん生。
「強情灸」「鮑のし」「替り目」「芝浜」
父が録音したコレクションから
全盛期の志ん生さんで素晴らしいものばかり。
声が違うし、勢いが違うし、最高に面白くて、感動。
「強情灸」の灸の熱さに耐える「ウゥ~」って絶叫!
異常にテンションの高い志ん生さんですごいテンポ感。
「鮑のし」ひと言ひと言にずっと笑いっぱなし。傑作である。
「替り目」酔っ払いとしっかり者のおかみさん。
志ん生さんが地で行く「替り目」といえばまさに志ん生。
後半はちょっとしんみりとした展開。
同じ流れで「芝浜」。人情噺である。
欲に目がくらんだ熊さんを改心させる
同じくしっかり者のおかみさん。
味わい深い志ん生さんの語り口で感動的である。
落語は素晴らしい。そしてさすがに志ん生さん。

|

« 横浜の風景から 10 | トップページ | 設計レポート~住宅M »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/12557060

この記事へのトラックバック一覧です: 落語のCD化:

« 横浜の風景から 10 | トップページ | 設計レポート~住宅M »