« 設計レポート~住宅A | トップページ | 設計レポート~新宿304号室 »

2006年12月 8日 (金)

バイエルン放送交響楽団

クルト・ザンデルリンクの指揮による演奏会。
ブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」
1994年11月4日ヘルクレスザールでの演奏。
これまた偉大な演奏である。すごい!
雄大な構えでザンデルリンクならではの巨大な存在、
それがしだいに勢いを増して、緊張感のある展開に、
巨匠の表現は、そういうところでは実に若々しい輝きを見せる。
ブルックナー独特の盛り上がりの後は、神聖な静寂が訪れるが、
精妙に音を作り、音楽の構造を明瞭にしつつ、深い響きである。
今度は親しみのメロディーが流れだし、
思った以上にザンデルリンクは豊かな表情で歌わせる。
とにかく素晴らしいのが、音楽の全体像と一方の細部に至るまでを
深い理解と解釈で掌握しており、たくさんの要素が見事にまとめられる
この辺はさすがに巨匠のブルックナーで感動した。
何という素晴らしさ。真剣に夢中になって聞き込んでしまった。
ザンデルリンクはブルックナーをかなり演奏していたと思うが、
実力あるバイエルン放送交響楽団で臨場感ある優秀な録音、
この演奏を今こうして聞けるのは喜びである。
残念なのは、演奏後の拍手が収録されていないこと。
会場と一緒に音楽の余韻を共有したかった。

Profil PH05020

|

« 設計レポート~住宅A | トップページ | 設計レポート~新宿304号室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/12974323

この記事へのトラックバック一覧です: バイエルン放送交響楽団:

« 設計レポート~住宅A | トップページ | 設計レポート~新宿304号室 »