« ヴァーツラフ・ノイマン 3 | トップページ | 落語のCD化 »

2007年1月12日 (金)

設計レポート~住宅M

今日は設備関係の打ち合わせで
工務店の社長と朝から住宅Mの現場に。

20070112a

外壁パネルが取り付けられたところ。
これで塗装をしたらツルツルに仕上がるのだが、
職人さんたちはちょっと気合入れすぎであり、
少しもローコストにならなくなってしまった。
加工に手間がかかりすぎである。
しかしきれいに仕上がっているのはありがたくて、
両側が囲われているので、正面しか見えないのだが、
シャープな納まりや正面の丸太が見えるスリットガラス、
こだわるところだけど、少し病的に潔癖な印象を与えるか?
しかし美しいということは、潔癖にこだわるということかもしれなくて
妥協は許されないのである。とことんやる!

20070112b

正面の丸太を室内側から。
丸太そのものは、太いし、粗いし、自然の姿で、
そういうありのままに自由に主張する要素を
きれいに納まって、シャープなところに置いてみるからこそ
味が出て、面白さになる。際立つのである。
両極端の要素をわざわざぶつけているのである。
内装はまだなので、あまり伝わらないかもしれないが、
きちんと納まったら、またご紹介したい。

打ち合わせ後、いつものように日向山に行って
4号家さんでラーメンを食べてきた。おいしかった。

|

« ヴァーツラフ・ノイマン 3 | トップページ | 落語のCD化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/13451268

この記事へのトラックバック一覧です: 設計レポート~住宅M:

« ヴァーツラフ・ノイマン 3 | トップページ | 落語のCD化 »