« 設計レポート~住宅A | トップページ | 設計レポート~住宅A »

2007年2月26日 (月)

エリアフ・インバル 1

今年はインバルを聞こうということで
チャイコフスキーの交響曲第4番からスタート。
第1楽章など、恐ろしく暗いチャイコフスキーで
神妙な足取りではじまるのが面白いのだが、
全体像は極めて精妙に設計されていて、
少しずつ暗から明へと変化して、
第4楽章で壮大なフィナーレを築くところなど、
結果的に非常に感動的な演奏なのである。
チャイコフスキーの華麗な音色を期待しているとある意味驚きで
モノトーンな色合いで落ち着いており、かなり地味、
フランクフルト放送交響楽団であるから、
これがドイツ的重厚さだといえば、そういう気もするけれど、
インバルの音作りは独特の世界を創り上げている。
そして後半の交響的バラード「軍司令官」がさらに見事!
ここでの演奏も素晴らしいのだが、
私はこの曲が大好きで、お気に入りである。
でも「軍司令官」などと書いてあるから、
実は聞くまでわからなかった。
以前は「地方長官」という題名で知られていたのだが。
私もプレトニョフが指揮したCDを持っているぐらいで
比較的珍しい作品なのかもしれない。
しかし名曲である。インバルのこだわりの選曲。

DENON COCO-70653

|

« 設計レポート~住宅A | トップページ | 設計レポート~住宅A »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/14062059

この記事へのトラックバック一覧です: エリアフ・インバル 1:

« 設計レポート~住宅A | トップページ | 設計レポート~住宅A »