« 確定申告に行ってきた! | トップページ | 設計レポート~住宅M »

2007年2月23日 (金)

バイロイト音楽祭2006

20070223

バイロイト音楽祭のホームページより
歌劇「さまよえるオランダ人」第2幕の舞台写真である。
http://www.bayreuther-festspiele.de/

結局あまりブログには書いていないが、
昨年の「オランダ人」を楽しんでいる。
通してゆっくり聞く時間というのがなかなかないのだけれど。

写真は第2幕の後半で
オランダ人とゼンタが対面しているところを見ると
おそらく第6景だと思うのだが、
オランダ人が登場しているからなのか?
すごい色彩である。呪われているオランダ人?
全3幕が連続して演奏されるが、
クラウス・グートの演出では、
「螺旋階段がある家の中」という
舞台の転換は一度もなく、
でも例えば、第2幕の前半で紡ぎ歌の場面などは、
どういう感じで上演されているのだろうか?
残念ながら、それらしき写真は公開されていない。

20070223b

その紡ぎ歌の場面、バイエルン国立歌劇場の
ペーター・コンヴィチュニーの演出では、
船員(恋人)を待つ乙女(今風の女の子)たちが集まって、
スポーツジムで汗を流しているとか。
糸紡ぎの回転を自転車こぎの回転で表現しているという。
そういうレポートを読んだのだが、面白い!
さすがにペーター・コンヴィチュニーである。

CDR264/265

「バイロイト音楽祭」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« 確定申告に行ってきた! | トップページ | 設計レポート~住宅M »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/14025309

この記事へのトラックバック一覧です: バイロイト音楽祭2006:

« 確定申告に行ってきた! | トップページ | 設計レポート~住宅M »