« ネルソン・フレイレ | トップページ | 設計レポート~住宅A »

2007年3月19日 (月)

落語のCD化

町人のおかしく楽しい噺ばかりを集めて。
「ずっこけ」(八代目 春風亭柳枝)
「二十四孝」(三代目 春風亭柳好)
「壺算」(六代目 三升家小勝)
「浮世床」(十代目 桂文治)
噺家もいろいろでためていた録音をCD化。
酔っ払い噺の「ずっこけ」がすごくよくって、
飲み屋の情景は「居酒屋」を思い出した。
金馬さんの「居酒屋」もお気に入り。
そして「壺算」が面白く、店先で壺をまけさせようという
半額で手に入れちゃうトリックである。
最後の文治さんの「浮世床」もなんともいい雰囲気。
文治さんのテンポ感、まくし立てる感じにはまる。

|

« ネルソン・フレイレ | トップページ | 設計レポート~住宅A »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/14315413

この記事へのトラックバック一覧です: 落語のCD化:

» 落語 寄席とCD [落語 寄席とCD]
先日、寄席で落語を見てきました。 初めて行ったのですが、寄席の雰囲気というのは良いですね。客席や高座の感じや、周りに座っているお客さんの感じ。また、寄席がある場所自体、近所に良い感じのお店があったり古くからの美味しい店があったりして、楽しめる場所... [続きを読む]

受信: 2007年3月20日 (火) 03:09

« ネルソン・フレイレ | トップページ | 設計レポート~住宅A »