« シューベルトの歌曲 1 | トップページ | ベルリンフィル2003/2004 »

2007年4月23日 (月)

現場まわりと掘出し物

朝から住宅Aの現場に行って、
内装の仕上げ納まりをすべて打ち合わせ。
あっという間にお昼になってしまった。

その後、横浜へ出て、来月提案することになっている
マンションのエントランスホールの改修計画に関して
工務店さんを現場に案内して、いろいろ細かく確認。
オートロック内側の内装をイメージチェンジで
若い人が中心の住民に合わせて、明るく心地よい空間に。

工務店の社長とは現場で別れ、歩いて関内方面へ。
レコード店でまずは新譜を購入。
バレンボイムのマーラー、ティーレマンのブラームス。
そしてちょっと遅くなってしまったが先月の新譜で
ラトルのドイツ・レクイエムとアンスネスのシューベルト。

横浜へ戻ってきて、西口のいつものレコード店に行くと
掘出し物セール(50%OFF)をやっていたのであさってみる。
発見!ヒュー・ウルフ指揮フランクフルト放送交響楽団
これはヘッセン放送の自主制作盤で値段が高かった。
聞きたかったのだが、高いので何となく後回しになっていたもの。
残り物だと思うので、種類は揃っていなかったが、
幻想交響曲の一枚とハイドン&ショスタコーヴィチ。
そしてジョナサン・ノット指揮バンベルク交響楽団の
ブルックナーの交響曲第3番(SACD)を発見!
他にもシューベルト(1,3,7)があったが、そちらは持っているので、
ノットは残念ながらブルックナーのみ。
これらは普段は、ちょっと高いのだが、
今日は半額である!いい買い物をした。
順番に聞いていきたいと思う。

|

« シューベルトの歌曲 1 | トップページ | ベルリンフィル2003/2004 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/14830961

この記事へのトラックバック一覧です: 現場まわりと掘出し物:

« シューベルトの歌曲 1 | トップページ | ベルリンフィル2003/2004 »