« パリ管弦楽団2004/2005 | トップページ | 今日の買い物は »

2007年6月27日 (水)

ロンドン交響楽団2006/2007

ロンドン交響楽団の自主制作シリーズから
コリン・デイヴィスの指揮によるエルガー。
最新盤は「エニグマ変奏曲」と「序奏とアレグロ」である。
「エニグマ変奏曲」は今年1月のライブ録音。
エルガーもコリン・デイヴィスの得意のレパートリーだと思うのだが、
深い感動を呼ぶような起伏の大きい演奏でなかなかいい。
デュトワのようなシャープな描き方が好きなのだが、
コリン・デイヴィスも強い思いがそこに感じられるし、
速い変奏やリズミカルな場面では、いきいきと細やかな表情で
敏感ではないが、大いに変化に富んでいる。
ロンドン交響楽団のライブ・シリーズは大好きで
今回は録音も素晴らしいし、やっぱりエルガーは特別なのか?
すごくいい仕上がりのCDである。気に入った。
このシリーズでエルガーはいろいろ出ているし、
ホルストの「惑星」も圧倒的な名演なのだが、
やはり自国の音楽は別格の完成度。

LSO 0109

|

« パリ管弦楽団2004/2005 | トップページ | 今日の買い物は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/15580024

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン交響楽団2006/2007:

« パリ管弦楽団2004/2005 | トップページ | 今日の買い物は »