« バーバラ・ボニー | トップページ | カラヤンの1980年代 2 »

2007年7月 3日 (火)

カラヤンの1980年代

1985年録音の「英雄の生涯」に行く前に
「ツァラトゥストラはこう語った」と「ドン・ファン」
これらは1983年9月の録音である。
ただひたすら感動するばかり。
カラヤン流の雄大な音楽、厚い響きの中に
恐ろしく細やかで繊細な表情を持ち込む
本当に見事なR.シュトラウスでこの代わりはない。
でも20年以上を経て、現在のスピード感覚からすると
少し前の時代のスタイルのようにも感じられる。
カラヤンという人が歴史上の人物になってしまったということか。
しかしこの演奏は録音が素晴らしくて、圧倒される迫力、
音の輝き、そして色彩、なんというリアルな感触、
いま目の前で音楽が生み出されているかのような
そんな新鮮な喜び、そこはさすがにカラヤンのシュトラウス。

DG 439 016-2

「ヘルベルト・フォン・カラヤン」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« バーバラ・ボニー | トップページ | カラヤンの1980年代 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/15641713

この記事へのトラックバック一覧です: カラヤンの1980年代:

« バーバラ・ボニー | トップページ | カラヤンの1980年代 2 »