« バイロイト音楽祭2007 | トップページ | バイロイト音楽祭2006 »

2007年7月29日 (日)

バイロイト音楽祭2006

20070729

バイロイト音楽祭のホームページより
楽劇「ジークフリート」第3幕第2場の舞台写真である。
http://www.bayreuther-festspiele.de/

昨年のバイロイト音楽祭から
「ジークフリート」第3幕を聞いている。
第3幕第2場でジークフリートとウォータンがはじめて対面。
ジークフリートはノートゥングでウォータンを圧倒し、
ウォータンは自分の目論見が順調であることを確認して、
これでウォータンは「指環」における役割を終える。
(ファルク・シュトルックマンご苦労様でした!)
映像はないので、あくまでも録音の印象だが、
シュトルックマンのウォータンは、ある意味、
ウォータンは神々の長ではあるけれど、
一方で極めてワル(悪)な一面をよく出していると思うのだけど、
…というのが私はたいへん気に入っているのだが、
その対比として、第2場になって、
スティーヴン・グールドのジークフリートが登場すると
不思議なぐらいに爽やかな空気になって、独特であると思う。
でも正直、ジークフリートも英雄であるとはいえ、
かなり欠点の多い、どうしようもないようなところがある、
というのが人間の弱さなのかもしれないが、
そういう点で考えるとこの爽やかさも何か違和感がある。
音楽としては、スティーヴン・グールドは魅力的なのだが…

CDR288/289/290/291/292

「バイロイト音楽祭」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« バイロイト音楽祭2007 | トップページ | バイロイト音楽祭2006 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/15943439

この記事へのトラックバック一覧です: バイロイト音楽祭2006:

« バイロイト音楽祭2007 | トップページ | バイロイト音楽祭2006 »