« オトマール・スウィトナー 7 | トップページ | オトマール・スウィトナー 8 »

2007年8月31日 (金)

私が聞いた今年の名盤2007

月末なので、今年の名盤の途中経過。
ビシュコフとWDR交響楽団による新しいショスタコーヴィチだが、
第4番と第11番を聞いて最高だ。特に第11番!
ここでは第4番が新しいので、そちらを取り上げた。
あとエッシェンバッハのチャイコフスキーも大好き。


《交響曲》
◎ブラームス 交響曲第1番~ティーレマン指揮ミュンヘンフィル
◎ブラームス 交響曲第4番~ケント・ナガノ指揮ベルリン・ドイツ交響楽団
◎ショスタコーヴィチ 交響曲第4番~ビシュコフ指揮ケルンWDR交響楽団

○マーラー 交響曲第2番「復活」~ジンマン指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団
○マーラー 交響曲第4番~マーツァル指揮チェコフィル
○マーラー 交響曲第6番~エッシェンバッハ指揮フィラデルフィア管弦楽団

《管弦楽》
◎ニューイヤーコンサート2007~メータ指揮ウィーンフィル

《協奏曲》
今のところなし

《室内楽》
◎マーラー ピアノ四重奏曲~クリストフ・エッシェンバッハ

《器楽曲》
◎ベートーヴェン ディアベッリの主題による変奏曲
  ~アルフレッド・ブレンデル(2001年5月30日ライブ)
◎シューベルト ピアノ・ソナタ D.958~レイフ・オヴェ・アンスネス
◎チャイコフスキー 「四季(7月~12月)」~クリストフ・エッシェンバッハ


《歌劇》
◎ワーグナー 「ニーベルングの指環」名場面集
  ~ペーター・シュナイダー指揮シュターツカペレ・ドレスデン


《声楽曲》
○ブラームス ドイツ・レクイエム~ラトル指揮ベルリンフィル

《ライブ盤》
◎マーラー 交響曲第3番~ハイティンク指揮シカゴ交響楽団

は特に大切に感じられる名盤です)

|

« オトマール・スウィトナー 7 | トップページ | オトマール・スウィトナー 8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/16299080

この記事へのトラックバック一覧です: 私が聞いた今年の名盤2007:

« オトマール・スウィトナー 7 | トップページ | オトマール・スウィトナー 8 »