« ベルリンフィル2006/2007 | トップページ | ブラームスの歌曲 1 »

2007年10月15日 (月)

シューマンの歌曲 3

ディートリッヒ・フィッシャー・ディースカウの歌で
1957年に録音されたシューマンの歌曲集。
ギュンター・ヴァイゼンボルンというピアニストの伴奏で
モノラル録音。音はクリアで聞きやすい。
ケルナーの詩による12の歌曲(作品35)を中心に
歌曲集「ミルテの花」などからも数曲。
作品35の歌曲は、おそらくそれぞれ単独では
これまでにも聞いていると思うのだが、
全12曲をまとめて聞くのははじめて。
なかなか渋くて聞けば聞くほど深い。
素晴らしい作品。こういうの大好きである。
フィッシャー・ディースカウはこのとき32歳だろうか。
強靭な声が響いてきて、無敵の歌声に感動。
時代で仕方ないが、ピアノの音が遠くて、
歌とピアノのバランスが悪く、残念である。

iTunes CDR322

|

« ベルリンフィル2006/2007 | トップページ | ブラームスの歌曲 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/16771692

この記事へのトラックバック一覧です: シューマンの歌曲 3:

« ベルリンフィル2006/2007 | トップページ | ブラームスの歌曲 1 »