« シューベルトの歌曲 6 | トップページ | エリアフ・インバル 16 »

2007年10月22日 (月)

箱根はもう冬だった

両親からどっか行こう!とずっと頼まれ、
つまり私の運転で出掛けるのだが、
なかなか予定が合わなかったり、
天気が悪かったりで、今日やっと行ってきた。
といっても、秋になってしまったし、
夕方もどんどん早くなってきているので、
近いところで箱根へぶらっと。

20071022a

珍しくないのだけど、山伏峠からの芦ノ湖。
下界は晴れているのに、山の上は曇って、寒い。
もう景色は完全に冬だった…

20071022b

芦ノ湖の湖畔を通っていると
何度も鳥居をくぐって、
でも意外に行ったことがないのが箱根神社。
杉の巨木である。立派だった。

20071022c

そのまま湖畔へ降りていくと
ご存知の湖の中にある鳥居。
目の前にまで行けるので、今度行ってみてください。

湖尻から国道1号線を少し山の方に入って、
精進池のそばにある元箱根石仏・石塔群。
ちょっとマニアックながら、すごく面白かった。
保存整備記念館が精進池の横にあって、
「箱根は昔地獄だった」という展示をしている。
これがいい。お化け屋敷よりよっぽど恐い。

20071022d_2

精進池の横をしばらく歩いて、
国道の下の地下道を通り抜けると
磨崖仏(六道地蔵)に出る。

20071022e

岩に仏様が彫られていて、
それを囲う形でお堂がある。
外から見るとお堂が岩にめり込んでいるようで、
これは面白い。他にも周囲に史跡が点在。
ほとんどの車が目の前を素通りしているので、
これはぜひ一度見学していただくといいと思う。

|

« シューベルトの歌曲 6 | トップページ | エリアフ・インバル 16 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/16844673

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根はもう冬だった:

« シューベルトの歌曲 6 | トップページ | エリアフ・インバル 16 »