« ゲザ・アンダ 2 | トップページ | エリアフ・インバル 17 »

2007年11月20日 (火)

横浜の風景から 13

今日は馬車道にある和食のお店で
季節の懐石料理の昼食を食べてきた。
蟹や牡蠣、銀杏や秋に収穫される木の実など、
すごくおいしかった。山形牛のローストビーフ。
食事の後、少し横浜を散歩してきた。
寒かったけど、天気がよかったので。

20071120a

日本大通にある三井物産ビル。
イチョウの木も黄色くなっていて、
銀杏の実がたくさん落ちていた。臭い。

20071120b

大桟橋の国際客船ターミナル。
ポロ&ムサヴィの設計である。
スペインの建築家アレハンドロ・ザエラ・ポロとファッシド・ムサヴィ。
山下公園から見た全景だが、平べったいので写真ではわからない?

20071120c

横浜の人にはお馴染みの氷川丸。
船だけど、氷川丸は建築物である。
というのは、海底でコンクリートの基礎でしっかり固定されている。
建築基準法上、氷川丸は建築物に定義される。

20071120d

山下公園のすぐそばにあるホテル・ニューグランドの内観。
横浜では最も格式が高いホテルとして知られる。

20071120e_2

夕方の横浜税関。
横浜の歴史的建造物で税関が一番好きだ。

20071120f

そして同じく開港記念会館の夕景。
開港記念会館も最も人気がある建物のひとつ。

ここへの行き方はこちらにお問い合わせください
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« ゲザ・アンダ 2 | トップページ | エリアフ・インバル 17 »

コメント

横浜は、異国情緒に溢れていて、いつ見ても美しい街ですね。
国際客船ターミナル、、スペインの建築家の設計なんですね、
勉強になりました。

投稿: ネル | 2007年11月20日 (火) 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/17133828

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜の風景から 13:

« ゲザ・アンダ 2 | トップページ | エリアフ・インバル 17 »