« カラヤンの1960年代 1 | トップページ | バイロイト音楽祭2002 »

2007年11月10日 (土)

カラヤンの1970年代 1

カラヤン指揮ベルリンフィルで
ワーグナーのジークフリート牧歌。
1977年2月の録音である。
「英雄の生涯」(1959)の後半に収録されている。
古い録音のR.シュトラウスを聞いて、
続いて18年後のワーグナーになると
こちらはカラヤンらしくなって、何かホッとする。
音楽の特長もあり、明るく、心地よいのだが、
そこにカラヤン流の美意識が貫かれているような
美しい音色をベルリンフィルから引き出して、
カラヤンの徹底した完璧主義の姿勢が伝わってくる。
1977年のLP盤発売時には、ブルックナーの交響曲第7番、
そして1980年代になってCD化されたときには、
ブルックナーの交響曲第8番とのカップリングだった。
ブルックナーの大曲の後にジークフリート牧歌を聞いたなら
この美しさだから、それはたまらなかっただろう。
現在では「THE ORIGINALS」のシリーズで
「英雄の生涯」との組み合わせになっている。

DG 449 725-2

「ヘルベルト・フォン・カラヤン」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« カラヤンの1960年代 1 | トップページ | バイロイト音楽祭2002 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/17030382

この記事へのトラックバック一覧です: カラヤンの1970年代 1:

« カラヤンの1960年代 1 | トップページ | バイロイト音楽祭2002 »