« 中野坂上と神楽坂 | トップページ | エレーヌ・グリモー »

2007年11月 4日 (日)

マリインスキー劇場 横浜公演

今日は横浜みなとみらいホールへ
マリインスキー劇場管弦楽団の横浜公演に行ってきた。
ついにワレリー・ゲルギエフを聞いてきた!

何となく予測はしていたのだが、
異常に長いコンサートだった。すごいパワー。
前半はすべてリムスキー・コルサコフのオペラに関連した作品。
金管五重奏と3人の打楽器奏者による
オペラ・バレエ「ムラーダ」からの「貴族たちの行進」
コンサートの開始を告げるファンファーレのような。
ゲルギエフとオーケストラのメンバー全員は2曲目から。
歌劇「プスコフの娘」序曲
リムスキー・コルサコフの最初のオペラだそうで
ボロディンのようなイメージの音楽であった。
同時に面白かったのが、ショスタコーヴィチの原点って、
やっぱりリムスキー・コルサコフとかなのかな?
なんて思わせるような瞬間も。
あと弦楽の高音がきれいに鳴り響くと
これはシベリウスと共通だ…という
いろんな要素を発見しては、楽しませてもらった。
歌劇「見えない町キーテジと乙女フェヴローニャの物語」組曲
リムスキー・コルサコフの後期の作品だそうで
作風はずっと発展しているし、美しい音楽。
ワーグナーの「ジークフリート」第2幕の「森のささやき」に似ている。
プログラムの作品解説を読むと、リムスキー・コルサコフって、
ワーグナーからの影響が大きいらしい。実際似ている。
ゲルギエフのワーグナー好きはこの辺に理由がある?
歌劇「金鶏」組曲。こちらは逆に最後のオペラだそうだ。
ここまで来るとリムスキー・コルサコフの
魔法のオーケストレーションですごく面白い。
正直なところ、全部はじめて聞いた作品なのだけど、
でも予想以上に魅力的な音楽で、
リムスキー・コルサコフの歌劇に興味をもった。
こうした管弦楽組曲を集めて、ゲルギエフがCDを作ってくれたら
もっとたくさんの人が、親しんで聞くようになるのにって思う。

後半はストラヴィンスキーのバレエ音楽 「火の鳥」全曲である。
ゲルギエフの演奏をCDや放送音源でたくさん聞いているが、
ライブで何か特別な力を発揮する人なのではないかと
ずっと思っていたのだが、ゲルギエフはいつもの通りで
指を細かく動かして、空気をかき回しているだけで
よくいわれるような激烈な印象では全くなかった。
リムスキー・コルサコフや「火の鳥」だから、得意の作品であり、
世界中で数え切れないぐらいに演奏しているし、
事前の入念なリハーサルもあるのだろうけれど、
すべてはとっくに完成されているという印象であった。
オーケストラももっと鳴りまくるのではないかと予想していたのだが、
すごくきれいに響いてきて、暖かみの感じられる音色。
ドライで荒々しい感じは全くなくて、
ミッケリ音楽祭のライブで木の空間の中での
あの柔らかい音色、そのイメージに近いのである。
大太鼓を使うので、ドスンという音の迫力はすごかったのだが。
しかしひとつ今回わかったことは、
ゲルギエフはもっと、音楽は勢いで、
ひらめきによる感覚的な音なのかと思ったら、
すごく丁寧に音を作って、耳のいい人なんだなと。
ホールの中にきれいに音を響かせるのである。
意外といったら失礼なんだけど、とにかく感心してしまった。
20世紀のソ連の響きではなく、19世紀のロシアの音だった。

最後に今日のゲルギエフについて、
黒いシャツとか変わった服装で出てくるのかと思ったら、
白い蝶ネクタイの普通のステージ衣装だった。
あと珍しかったのが、指揮台を使わず。
こういう巨大編成のオーケストラでは意外な感じ。
本当に野性的な鋭い眼光で
あれで睨まれたら、きっと固まってしまう。
「火の鳥」が終わるとはじめて笑顔が見られた。
アンコールはリャードフ作曲「バーバ・ヤガ」

|

« 中野坂上と神楽坂 | トップページ | エレーヌ・グリモー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/16978560

この記事へのトラックバック一覧です: マリインスキー劇場 横浜公演:

« 中野坂上と神楽坂 | トップページ | エレーヌ・グリモー »