« エリアフ・インバル 17 | トップページ | ベルリンフィル2002/2003 »

2007年11月22日 (木)

ズデニェク・マーツァル

ズデニェク・マーツァル指揮チェコフィルによる
リムスキー・コルサコフの「シェエラザード」
ムソルグスキー(ラヴェル編曲)の「展覧会の絵」
今度の日曜日、横浜みなとみらいホールで
マーツァル指揮チェコフィルの「展覧会の絵」を聞くので、
その前に少しだけ予習をしておこうと。
たしか今日はすみだトリフォニーホールで
「わが祖国」全曲を演奏しているはず。
本当はスメタナを聞きたかった…
でも横浜もドヴォルザークをやってくれるし、
最初に「モルダウ」だけ演奏してくれる。

まずは「シェエラザード」から。
チェコフィルのリムスキー・コルサコフって、
なんか意外な感じでイメージと違うが、
「展覧会の絵」や「シェエラザード」のような有名な作品は
もちろん数多く演奏しているだろうし、
現在はチャイコフスキーも同時に取り組んでいるので、
マーツァルはロシア音楽に熱心なのだろうか?
いつも通り美しい音色で色彩も豊か。
でもすごく感じるのが、繊細な表情と透明な音楽、
しっかりとした足取りで表現を築いていくところ、
その辺にマーツァルの存在が強く感じられる。
やはり音楽を勢いで進めていくようなことはなくって、
とにかく丁寧で音を大切に扱っている。
ということで絵画的な傾向はあまり感じられず、
濃厚なイメージではないし、何よりも誠実だ。

「展覧会の絵」は最高。この輝き!
録音にすごくこだわりを感じる。距離感。
音が発せられ、それが空間に広がり、
消えていく中で新しい音が連なり、重なり…
会場の空気まで円盤の中にとじこめてしまったような。
この「展覧会の絵」は本当にいい。
何て心に響いてくる音なんだ!
チェコフィルがものすごく魅力的な音をさせているのは確かだが、
でも基本は、自然な流れと音楽に対して誠実であること。
びっくりさせたり、迫力で圧倒されるようなこともないし、
聞く者を挑発するような瞬間は全く存在しなくて、
でもこんなにも音楽に深く聞き入って、楽しんで、喜んで。
不思議なのだけど、これがマーツァルという指揮者の存在だ。
日曜日の「展覧会の絵」が楽しみである。

EXTON OVCL-00291

「ズデニェク・マーツァル」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« エリアフ・インバル 17 | トップページ | ベルリンフィル2002/2003 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/17156747

この記事へのトラックバック一覧です: ズデニェク・マーツァル:

« エリアフ・インバル 17 | トップページ | ベルリンフィル2002/2003 »