« バイロイト音楽祭2006 | トップページ | マリインスキー劇場 横浜公演 »

2007年11月 3日 (土)

中野坂上と神楽坂

うちの母は子供の頃(小学生低学年まで)、
中野(現在の中野坂上周辺)に住んでいたそうで、
「懐かしいので行ってみたい」とずっと言っていたのだが、
ついに今日、行ってきた。私も付き合って一緒にお供。

20071103a

山手通り沿いにある成願寺というお寺(中野区本町)。
何十年も経っているので、何もかもが変わってしまっているのだが、
お寺は昔もあったし、今もあるので、よい目印である。

20071103b

中野区弥生町というところだが、
この辺に住んでいたそうである。
ちょうど区界で斜面の上が渋谷区、下が中野区。
斜面の下に家があったらしい。
もちろん町並みは変わってしまっている。

20071103c

周辺を流れている神田川。
お寺と同じく川も存在し続け、
でももちろん護岸整備がなされているので、
その姿は変わっている。
川の近くの向台小学校に通っていたそうで、
そこへも行ってみた。

20071103d

私にとって中野坂上というと
石田敏明設計によるこの住宅を思い出す。
できたばかりに見に行ったのと
近くへ行ったときに友人と立ち寄ったのと
今日で三度目の訪問である。久しぶりに。
中野坂上の再開発地区に接しているので、
周辺の景色はずいぶん変わったように思うのだが、
建築は少しも変わらずでよかった。好きな作品である。

午後は神楽坂へ移動。
神楽坂には母の伯母(私の祖母の姉)の家があったので、
ここも縁の場所であり、私にとっても記憶の場所である。

20071103e

地下鉄東西線の神楽坂の駅から
少し坂を下りていって、赤城下町というところ。
でも私の記憶違いにはちょっと驚き。
私がここへ行っていたのは、幼稚園に入る前のことで
母の伯母という人が亡くなって、ここの家は処分されたので、
ほとんど30年ぶりというような、記憶がなくても仕方ないのだが、
でも駅からどう行くのか?というイメージの勘違いにはビックリした。
そばにあったという焼鳥屋さんの位置で場所を特定。
同じく町並みは変わっているが、昔あったお店は今も存在していた。

20071103f

近くの赤城神社。出世稲荷神社と書いてある地図もある。
ここは私は全く記憶がなくて、でも近くを通っているはずなのだけど。
今日の神楽坂は秋祭りのようなイベントで
観光客がたくさん来ていた。

20071103g

飯田橋から坂を上っていくこの通りが神楽坂の中心。
少し前からブームだが、にぎわっている。歩行者天国。

20071103h

神楽坂毘沙門天(善國寺)。
春に放送された倉本聰脚本の「拝啓、父上様」でも
ここがたくさん映っていた。神楽坂の名所のようである。

今日は楽しい一日だった。
珍しい場所を訪ねることができて。

|

« バイロイト音楽祭2006 | トップページ | マリインスキー劇場 横浜公演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/16966775

この記事へのトラックバック一覧です: 中野坂上と神楽坂:

« バイロイト音楽祭2006 | トップページ | マリインスキー劇場 横浜公演 »