« バイロイト音楽祭1955 | トップページ | ウィルヘルム・ケンプ 2 »

2007年12月19日 (水)

バイロイト音楽祭1955

バイロイト音楽祭1955から楽劇「神々の黄昏」。
ヨゼフ・カイルベルトの指揮によるライブ録音である。
ひたすら感動的だ。重厚な中に力強さをあわせもち、
音楽の美しさ、「神々の黄昏」における独特の透明感、
すべてにおいて、恐るべき集中力で聞かされてしまう。
序幕から間奏曲の「ジークフリートのラインへの旅」を経て、
第1幕はちょっと気を抜いてしまう演奏もあるのだが、
カイルベルトだと全く隙がなく、何て素晴らしい緊張感!
一切の迷いはなく、完成された表現は自信に満ち溢れている。
カイルベルトは1952年にバイロイトに初登場して、
1956年までリングを毎年指揮し(1953年と1956年は1公演のみ)、
1955年は4年目ということになるのだが、充実の極みである。
すべての場面で素晴らしいので、特別書くことはしないが、
歌手の存在感も凄いし(ステレオ録音である!)、
とにかく感動。偉大な記録。これは大切にしたい。
1950年代のカイルベルト、クレメンス・クラウス、
そしてクナッパーツブッシュによるリングは、
結構いろいろな録音が出回っているように思うのだが、
今度は1960年代前半のルドルフ・ケンペの演奏が聞いてみたい!
著作権やその他いろいろな理由もあるのだろうけれど、
これから何年かで出てきそうな気がする。期待!

「バイロイト音楽祭」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« バイロイト音楽祭1955 | トップページ | ウィルヘルム・ケンプ 2 »

コメント

カイルベルトですか!渋いですね~。
私は、まさに今、ブーレーズ/バイロイトのニーベルング(ジークフリート第三幕辺り)を聴いています。年末の恒例です!

投稿: eclat-multiples | 2007年12月20日 (木) 01:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/17422576

この記事へのトラックバック一覧です: バイロイト音楽祭1955:

« バイロイト音楽祭1955 | トップページ | ウィルヘルム・ケンプ 2 »