« ウィルヘルム・ケンプ 2 | トップページ | クラウディオ・アバド 4 »

2007年12月21日 (金)

カラヤンの1980年代 13

カラヤンがベルリンフィルを指揮して
管弦楽のポピュラー名曲をたくさん録音したのは有名だが、
1980年代のデジタル録音でも様々な演奏が残されている。
みんなどこかで聞いているのだけど、
これまで持っていなかったのでiTunesから仕入れてきた。
いろんな作品があるので、ちょっと自分で選曲をアレンジして、
クリスマスのイメージでまとめてみた。楽しい!
フンパーディンクの歌劇「ヘンゼルとグレーテル」前奏曲
マスネの歌劇「タイス」の瞑想曲(ムターの独奏)
オッフェンバックの歌劇「ホフマン物語」より舟歌
オッフェンバックの喜歌劇「天国と地獄」序曲
ウェーバーの歌劇「魔弾の射手」序曲
ウェーバーの「舞踏への勧誘」(ベルリオーズ編曲)
チャイコフスキーのバレエ「くるみ割り人形」組曲
ほとんどが1980年の演奏だが、
「タイス」の瞑想曲はムターが登場で1981年1月、
「くるみ割り人形」組曲が1982年9月、
「舞踏への勧誘」が1983年12月の録音。
「くるみ割り人形」は、カラヤンの75歳を記念して制作されたという
有名な演奏で、本当に魅力的な時間を演出している。
こういう作品での聞かせ上手はさすがにカラヤン!
楽しくって、何度でも聞いてしまう。たまにはいいでしょう!

iTunes+DG WEB SHOP CDR346

「ヘルベルト・フォン・カラヤン」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« ウィルヘルム・ケンプ 2 | トップページ | クラウディオ・アバド 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/17438761

この記事へのトラックバック一覧です: カラヤンの1980年代 13:

« ウィルヘルム・ケンプ 2 | トップページ | クラウディオ・アバド 4 »