« 私が聞いた今年の名盤2007 | トップページ | ワレリー・ゲルギエフ »

2008年1月 1日 (火)

ニューイヤーコンサート2008

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


元日の夜はウィーンフィルのニューイヤーコンサート。
今年の指揮者はジョルジュ・プレートル。
83歳の巨匠がニューイヤーに初登場!
プレートルの指揮が決まって、ずっと楽しみにしていた。
またCDがすぐに出ると思うので(今年はDECCAから)、
今日はテレビでのんびりと、音色や細かい表現については
CDを手に入れてからと思っているのだけれど、
プレートルというと120%の濃厚な色彩で
豊かな表情をじっくり創りこんでいくイメージである。
でも今日はシュトラウスの音楽でやはり響きはウィーンフィル。
巨匠による独特の世界が描き出されることを予想していたのだが、
思った以上に爽やかな流れ、速い曲などテキパキこなしていた。
後半ではだんだんプレートルらしい部分も出てきて、
ポルカ・マズルカ「とんぼ」など、これまで聞いたことのない
七色の色彩がキラキラと輝いて、すごく印象的だった。
皇帝円舞曲もよかったし、そして「美しく青きドナウ」!
緩急自在なコントロールで、特にゆっくりのところで
すごく丁寧に音楽を聞かせて、幸せな気持ちにしてくれる。
実に感動的な時間であった。こういうところがプレートル!
例年以上に会場は盛り上がっていたような気がするのだけれど、
プレートルはウィーンではすごい人気である。

「ニューイヤーコンサート」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« 私が聞いた今年の名盤2007 | トップページ | ワレリー・ゲルギエフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/17550043

この記事へのトラックバック一覧です: ニューイヤーコンサート2008:

« 私が聞いた今年の名盤2007 | トップページ | ワレリー・ゲルギエフ »