« バイロイト音楽祭1985 | トップページ | ニコラウス・アルノンクール 5 »

2008年1月 9日 (水)

ウィルヘルム・ケンプ 6

ウィルヘルム・ケンプのベートーヴェン
ピアノ・ソナタ全集(1964-1965年録音)より
今日は第19番から第23番の5曲。
作品49の第19番と第20番にはじまり、
作品53「ワルトシュタイン」、作品54の第22番、
そして最後が作品57「熱情」である。
第22番などがケンプ向きの作品なのだろう。
一方で「ワルトシュタイン」や「熱情」では、
最初聞いたときには、かなり危うい印象で
ところどころで音がはずれているような…
レコードだし、そんなことあるわけないか?
でもケンプは録り直しを非常に嫌がったそうで、
しかしそのわりには、普通に聞いてもかなり編集跡は多く、
大雑把な仕上がりを味わいとして聞くべきか?
「熱情」も第2楽章以降は立ち直って、
第3楽章などは表情付けも豊かに魅力的である。
ケンプはむしろ地味な存在のソナタで
驚くような新鮮な演奏を聞かせるかと思うと
「ワルトシュタイン」や「熱情」のような重要な作品で
傷が目立っていたり、そういうところはちょっと残念だ。

iTunes CDR358

|

« バイロイト音楽祭1985 | トップページ | ニコラウス・アルノンクール 5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/17635148

この記事へのトラックバック一覧です: ウィルヘルム・ケンプ 6:

« バイロイト音楽祭1985 | トップページ | ニコラウス・アルノンクール 5 »