« ゲオルグ・ショルティ 9 | トップページ | アントニオ・パッパーノ 2 »

2008年2月17日 (日)

アントニオ・パッパーノ 1

パッパーノの指揮によるプッチーニの歌劇「トスカ」。
演奏はコヴェント・ガーデン王立歌劇場。
フローリア・トスカをアンジェラ・ゲオルギュー、
マリオ・カヴァラドッシをロベルト・アラーニャが歌っている。
年末にCD棚を入れ替えたときに出てきたので
久しぶりに聞きたくなって、出しておいたのだ。
「トスカ」は音楽は圧倒的に素晴らしいのだけれど、
どうも筋書きがくだらないって私は思うのだけど…
そのプッチーニの音楽、天才的な音作りだが、
アントニオ・パッパーノの指揮が冴えまくり、
緊張感の持続と精妙な響きの追求、感動的である。

EMI 5 57173 2

|

« ゲオルグ・ショルティ 9 | トップページ | アントニオ・パッパーノ 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/40164388

この記事へのトラックバック一覧です: アントニオ・パッパーノ 1:

« ゲオルグ・ショルティ 9 | トップページ | アントニオ・パッパーノ 2 »