« ジルヴェスター・コンサート2007 | トップページ | フランクフルト放送交響楽団 »

2008年2月 1日 (金)

ニューイヤーコンサート2008

昨日はベルリンのジルヴェスター・コンサートを聞いたので
今日はその翌日、今年の元旦に行われた
ウィーンフィルのニューイヤーコンサート。
一気に華やいだ。何という楽しい時間!
正月ボケに戻ってしまう。金曜の夜だし、まあいいか?
ウィーンフィルの演奏はいうまでもなく極上の空間を演出してくれて
ジョルジュ・プレートルはそこにいてくれるだけで絵になっている。
ウィーンフィルのワルツ、ポルカでも、指揮者によっては、
すごく繊細な音色が聞こえてくることもあり、
今回はどちらかというとしっかりと音が鳴って、
そこに色彩や音楽への想い入れがたくさん詰まっているという
じっくり聞きなおしてみると、その辺がプレートルなのかなと。
会場の雰囲気やその場の空気まで見事に収めているようなCDであり、
聞いていると本当に元日に逆戻りしてしまうような感じなのだが、
久々のDECCAからのニューイヤーコンサートは大成功!
アンコールでプレートルが「ヨーゼフ・シュトラウス、スポーツ・ポルカ!」って
笛をピーって鳴らすところ、今年の一番のお気に入りである。

DECCA 478 0034

「ニューイヤーコンサート」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« ジルヴェスター・コンサート2007 | トップページ | フランクフルト放送交響楽団 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/17922980

この記事へのトラックバック一覧です: ニューイヤーコンサート2008:

« ジルヴェスター・コンサート2007 | トップページ | フランクフルト放送交響楽団 »