« ゲヴァントハウス2006/2007 | トップページ | シューベルトの歌曲 8 »

2008年2月25日 (月)

ダニエル・バレンボイム 3

バレンボイムによるベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集。
1981年から1984年にかけてパリで収録されたもの。
今日はソナタ第4番を中心に第19番と第20番。
さらにはリストのヴェルディの歌劇からの編曲作品。
「アイーダ」「トロヴァトーレ」「リゴレット」
最後は有名な「リゴレット」による演奏会用パラフレーズ。
ベートーヴェンのソナタ第4番は私の大好きな作品で
バレンボイムもしだいに勢いが出てきて素晴らしい!
でも何となく、迫力と加速する感覚が重なると
いまひとつ制御しきれていないような
危うい印象があるのは詰めの甘さで残念。
しかし嵐が通り過ぎて、柔和な表情が戻ってくると
そこは何とも美しい気品のある響きでやはり魅力的である。
バレンボイムはここでも叙情的な表現で特に優れている。
そして後半にもってきたリストのパラフレーズが最高だ。
テクニックに走らずにじっくり豊かな表情で聞かせてくれる。
バレンボイムは音がきれいなので、また一段と輝きが増して、
華麗な世界が目の前に広がる。

iTunes CDR382

「ダニエル・バレンボイム」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« ゲヴァントハウス2006/2007 | トップページ | シューベルトの歌曲 8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/40267586

この記事へのトラックバック一覧です: ダニエル・バレンボイム 3:

« ゲヴァントハウス2006/2007 | トップページ | シューベルトの歌曲 8 »