« アントニオ・パッパーノ 2 | トップページ | ケント・ナガノ 1 »

2008年2月19日 (火)

アントニオ・パッパーノ 3

今日もアントニオ・パッパーノを聞いている。
ヴェルディの歌劇「トロヴァトーレ」を出してみた。
ロベルト・アラーニャとアンジェラ・ゲオルギュー。
トマス・ハンプソンも歌っている。ロンドン交響楽団。
このCDもヴェルディを聞くのもすごく久しぶりだ。
私はあまりイタリアオペラを聞かないので…
でもたまにヴェルディを聞いてみたらすごくいい。
「トロヴァトーレ」は格別に魅力的な作品なのである。
物語も劇的な展開だし、音楽も迫力があり、
そしてここでの演奏も緊張感に満ちて最高だ。
アラーニャがすごい声で歌っていて、
ヴェルディの作品にはこういうアリアが出てくるわけで
イタリアオペラも聞かないと!って思わされる。

EMI 5 57360 2

|

« アントニオ・パッパーノ 2 | トップページ | ケント・ナガノ 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/40189009

この記事へのトラックバック一覧です: アントニオ・パッパーノ 3:

« アントニオ・パッパーノ 2 | トップページ | ケント・ナガノ 1 »