« 三代目 三遊亭圓歌 | トップページ | シューベルトの歌曲 16 »

2008年3月 9日 (日)

カラヤンの1980年代 16

先月、我が家も「スカパー!光」を導入して、
これまで縁がなかった「TOKYO MX」を見られるようになったのだけど
最近知ったのだが、カラヤン生誕100年の特別番組をやっているそうで
昨日の晩がベートーヴェンのミサ・ソレムニスだった。
1985年9月25-29日にベルリン・フィルハーモニーで収録された映像。
SONYからDVDで販売されているものと同じなのではないかと。
環境が整っていなかったので音楽を映像で残すということに
あまり関心がなかったのだが、今回試してみた。
地上デジタルで録画したいところだが、
最終的に編集してDVD化したいという希望があるので、
TOKYO MXの地上アナログを選んで録画。
カラヤン独特の美しい映像で画質も上々。
しかし音質はかなり残念な印象。
木管の独奏など、柔らかい音色が心地よく、
独唱もよく響いて、その辺はすごくいいのだが、
オーケストラや合唱が盛り上がるところで
音が割れ気味なのである。
ウィーン楽友協会合唱団の絶叫も気になる。
本当はそうでないのかもしれないけれど、そう聞こえる。
カラヤンの映像としてはたいへん魅力的なのだが、
音楽はやはり音質だな…って。
記録程度に参考で考えるのならいいが、
本当に見たくて聞きたかったら、DVDを買うしかない?
演奏は素晴らしい。カラヤンのベートーヴェンは、
雄大な広がり、重厚な迫力を見せながらも響きは美しく、
透明な輝きは、巨匠の衰えを感じさせない。
カラヤン晩年の記録ではあるけれど、完成度の高い演奏である。

DVDR001

「ヘルベルト・フォン・カラヤン」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« 三代目 三遊亭圓歌 | トップページ | シューベルトの歌曲 16 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/40437560

この記事へのトラックバック一覧です: カラヤンの1980年代 16:

« 三代目 三遊亭圓歌 | トップページ | シューベルトの歌曲 16 »