« バイロイト音楽祭2007 | トップページ | ウィーン芸術週間2004 »

2008年4月23日 (水)

ウィーン芸術週間2004

マリス・ヤンソンス指揮ウィーンフィルによる
シェーンベルクの「グレの歌」、今日は第1部。
(2004年5月8日 ウィーン楽友協会大ホール)
第1部は濃厚にロマンティックな音楽だが、
ヤンソンスの指揮はスッキリと明瞭な仕上がりで
ウィーンフィルの響きも透明な輝きが独特だ。
歌手はヨハン・ボータ、ルアナ・デ・フォル、
ワルトラウト・マイア、ミヒャエル・フォレ、
クルト・アツェスベルガーが出演。
山鳩のワルトラウト・マイアがやはり感動的。
バイロイトでベックメッサーのミヒャエル・フォレもいた。

CDR421/422

「マリス・ヤンソンス」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« バイロイト音楽祭2007 | トップページ | ウィーン芸術週間2004 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/40974992

この記事へのトラックバック一覧です: ウィーン芸術週間2004:

« バイロイト音楽祭2007 | トップページ | ウィーン芸術週間2004 »