« ザルツブルク音楽祭2005 | トップページ | ヒラリー・ハーン »

2008年4月11日 (金)

ザルツブルク音楽祭2005

今日も昨日に続いてザルツブルク音楽祭2005から
ゲルギエフの指揮によるウィーンフィルの演奏会
(2005年8月21日ザルツブルク祝祭大劇場)
やっぱりゲルギエフの「シェエラザード」は最高だ。
ウィーンフィルの色彩豊かな音色としなやかな響き、
これでまた魅力は倍増、圧倒的である。
ついつい何度も繰り返し聞いてしまう。
ゲルギエフの強烈な個性にはまってしまうと
他の演奏を受け付けなくなる傾向があって、
しばらくは「シェエラザード」とは距離をおいた方が…
ゲルギエフはウィーンフィルという極上の楽器を手に入れると
見違えるぐらいに自由に泳ぎはじめるのである。
もちろんマリインスキーでの演奏が基本であり、
重要なのだが、ウィーンフィルとのライブは目が離せない。

CDR415/416

「ワレリー・ゲルギエフ」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« ザルツブルク音楽祭2005 | トップページ | ヒラリー・ハーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/40852998

この記事へのトラックバック一覧です: ザルツブルク音楽祭2005:

« ザルツブルク音楽祭2005 | トップページ | ヒラリー・ハーン »